「映画ドラえもん」新日本プロレス・棚橋弘至と真壁刀義が応援団 声優も挑戦

ニュース

(c)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2016
  • (c)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2016
  • (c)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2016
  • クラヤミ族(c)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2016
  • (c)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2016
『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』が2016年3月5日に全国公開する。人気シリーズの最新作だ。
毎年大きな話題を呼ぶ「映画ドラえもん」だが、作品を盛り上げるスペシャル応援団も毎回注目を集めている。このたびこのメンバーが決定した。新日本プロレス所属の棚橋弘至選手と真壁刀義選手、お笑い芸人の小島よしおさん、人気子役のエヴァちゃんが参戦することになった。

今回のスペシャル応援団「ウンタカ!ドラドラ団」は、映画本編に登場する原始人・クラヤミ族をイメージ。新日本プロレス所属のNo.1イケメンレスラーである棚橋弘至選手、ヒールながらスイーツ番長としてもお馴染みの真壁刀義選手、子供たちに再ブレイク中の小島よしおさんが毛皮の衣装に身を包んでいる。さらにランドセルのCMにも出演中のエヴァちゃんも原始人風のワンピースを着て、歌姫としてメンバーに参加する。
4人はオリジナルソングに合わせて、謎の踊り・ウンタカダンスを披露する予定だ。10月30日放送のアニメ『ドラえもん』のエンディングで一足先にお披露目される。一体どんなダンスに仕上がったのか見逃せない。

棚橋さん、真壁さん、小島さんの3人はゲスト声優も担当。クラヤミ族の面々を演じる。とくに棚橋さんは初声優挑戦のため大きな注目を集めそうだ。
キャスティング理由についてテレビ朝日の滑川親吾プロデューサーは「今回は魅力的な悪役たちにも注目し、これまでとは一味違ったドラえもんの世界を楽しんでもらい、今の子供たちにも自然に劇場へ足を運んでもらえればと考えました」と語った。そして「ウンタカ!ドラドラ団のダンスや歌はエヴァちゃんが楽しめる目線でつくり、『ドラえもん』で育った真壁さん、棚橋さん、小島さんたちにその魅力を伝えて頂き、二世代で楽しんで頂ければと考えております」とメッセージを伝えた。
[高橋克則]

[スペシャル応援団コメント]
棚橋弘至選手
プロレスラーがダンスだなんて、間違いなく足を引っ張るのは自分と真壁さんだと思いましたのでプレッシャーの中、頑張りました。自分の子供たちと一緒に「ドラえもん」を見ているのですが、見るたびに人と人との繋がりや温かい人間味が心にじーんときます。そんな「ドラえもん」に出演出来るなんて、棚橋家の歴史にも残ります。

真壁刀義選手
覚えるのにとても苦労したこのダンスにあるクイックな動きはプロレスにも活かせると思いました。そしてゲスト声優で出演できると先程お聞きしまして本当に驚きました。自分が小さい頃からある人気アニメに出演だなんて、真壁家の歴史に残る光栄なことです。

小島よしおさん
ダンスの曲中に自分のネタ「そんなの関係ねぇ!」が入っているんです。このネタはエヴァちゃんが生まれる前、8年前から存在しているので、それが今7歳のエヴァちゃんと一緒にMIXされるなんてとっても嬉しいです。ゲスト声優の件も含め、小島家一族に伝えたいです。

エヴァちゃん
覚えるのが大変だったので、頑張ってお家で練習してきました。ドラえもんはいつも優しいから大好きです。ドラえもんの道具「どこでもドア」でハワイに行きたいと思っています。

『映画ドラえもん 新・のび太の日本(にっぽん)誕生』
2016年3月5日(土)
(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2016
《高橋克則》

編集部おすすめのニュース

特集