「機動戦士Vガンダム」ウッソ役・阪口大助インタビュー “本当に乗りたかったのはズゴックです”

インタビュー

『機動戦士Vガンダム』は、富野由悠季総監督によるTVアニメシリーズだ。富野総監督による宇宙世紀を舞台とした「ガンダム」シリーズでは、現在、最後の作品となっている。ザンスカール帝国とゲリラ組織リガ・ミリティアとの戦いに巻き込まれVガンダムを駆ることになった少年ウッソの活躍を描く。
本作は故・逢坂浩司さんが描く柔らかなキャラクターに対し、物語はシリアスな戦争の雰囲気に包まれており、キャラクターが壮絶な最期を迎えることも少なくない。ガンダムシリーズでも一際異彩を放つ本作がBlu-ray Boxとなり、9月25日にはBoxIIがリリースされる。そこで今回は、主人公のウッソ・エヴィン役を務めた阪口大助さんにインタビューを実施。ガンダムとの出会いから好きなキャラクター、そして『Vガンダム』の魅力まで、ガンダムについて広く語っていただいた。
[取材・構成=沖本茂義]

『機動戦士Vガンダム』 http://www.v-gundam.net/

■ ガンダムとの出会い、「宇宙世紀」シリーズの思い出

―阪口さんは「ガンダムシリーズ」はほとんどご覧になられているとのことですが、そもそもの出会いはどんな感じでしたか?

阪口大助(以下、坂口)
だいたい小学校4、5年ぐらいですかね、ガンプラが流行っていたんです。僕も夢中になってたくさんモビルスーツをつくって。そこから気になってファーストガンダム本編を観るようになった感じですね。

―ガンプラ出発だったんですね。

阪口
ええ、当時はたくさんモビルスーツをつくりましたね。今でも買うんですけど、組み立てないから箱がどんどん積まれていくばかりで(笑)。

―最初に買ったモビルスーツは何だったんですか?

阪口
ズゴックです。1/144スケールの。

―ガンダムではなく、なぜズゴックを?

阪口
それは……とにかくズゴックがカッコ良かったからです(笑)。ガンダムもそうなんですけど、連邦のモビルスーツにはそこまで惹かれなくて。どうも人の顔をしているのが好みではないみたいで。でも、ジムとかガンキャノンみたいにメインカメラが人の顔じゃないのは買ったことはあります。でもガンダムはこれまで一度も買ったことがなくて(笑)。


―本編をご覧になられてどうでしたか?

阪口
当時はまだ子どもですから、純粋にモビルスーツ同士の戦闘のカッコ良さをみてましたね。だからどっちかというとファーストガンダムよりも『機動戦士Zガンダム』のほうがインパクトがありましたね。『Z』の頃はある程度成長してストーリーもちゃんと追えるようになっていたので。

―アムロに比べるとカミーユはエキセントリックな少年ですが、その点どうでしたか?

阪口
当時の僕は全然感情移入できませんでした(笑)。それは僕が思春期に入る前だったからかもしれないですけど。『Z』に関しては誰かキャラクターに感情移入して観るというよりも、第三者として物語やキャラクターを客観視しているような感じでした。
ちなみに『Z』で好きなキャラクターはアポリーでしたね。

―アポリーとは意外ですね。『Z』のなかでは影が薄い印象もあるので……。

阪口
アポリーは他のキャラと比べるとクセがないし、何より良い人じゃないですか。だから死んだときはすごくショックでした。

―『Z』はどのあたりが面白かったですか?

阪口
作品単体としても面白いんですけど、やっぱりファーストガンダムとの繋がりですかね。アムロやシャアとか旧作のキャラクターが出てきたり、モビルスーツのデザインも旧世代の要素を抽出していたり。そのあたり良かったですね。

―続編の『機動戦士ガンダムZZ』はいかがでしたか?

阪口
まずいちばんにオープニングで「アニメじゃない!」と言われてビックリしました(笑)。シリアスな『Z』と比べて、『ZZ』はコミカルで明るい雰囲気で初めは戸惑いましたけど、後半からのドラマがシリアスに盛り上がっていく感じは好きでした。あと、砂漠に行ったりとエピソードがバラエティに富んでいて良かったですね。

―次に『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』はどうでしたか?

阪口
劇場で観て大興奮して、そのあともビデオで繰り返し観ましたね。アムロとシャアの因縁に決着がつくという意味でも感慨深かったし、何よりもキャラクターの思いがモロに出ているというか……ギュネイやクェス、シャアにしても「結局のところ、お前は私念で戦ってたのかよ!」みたいな感じになるし(笑)。よりドロドロ感が増してる感じで良かったですね。


■ 好きなガンダムキャラクターは?

―ガンダムトークでは定番ですが、好きなキャラクターは誰でしょう? まずは男性キャラからお願いします。

阪口
そうですね……上司にしたいのは、ドズルかランバ・ラルです。味方のためにひとりでビグ・ザムで突撃したり、部下の出世をちゃんと考えてくれるところもいいですし、やっぱり武人肌なキャラクターは男としても憧れます。これがシャアだと「お前の死は無駄ではないぞ」とクラウンみたいに駒にされるのがオチですから(笑)。

―では、女性キャラはどうですか?

阪口
ガンダムヒロインはみんなアクが強くてとっつきにくいんですが……。そんななかでマウアー・ファラオとチェーン・アギは最高ですね。マウアーはもうとにかく支えて欲しい(笑)。

―マウアーはジェリドとのやり取りを見てると、まさに女房にしたい感じですよね。チェーンのほうは?

阪口
チェーンは単純に可愛いですし、何よりも“普通”なのがいいです(笑)。彼女にするなら断然チェーンですよ……いや、嫁かな(笑)。

―お好きなモビルスーツについてもお聞きしたいです。いちばんはやっぱり……。

阪口
これはもうズゴックです(笑)。 ズゴックというと、シャア専用機がジムをぶち抜いてるシーンが有名ですけど、僕は初登場でカラハのズゴックがガンキャノンをアイアンネイルで締め上げてるシーンがすごく好きで。そのあとはどんどん“やられメカ”みたいになって残念なんですけど(笑)。

―ズゴック以外はどうですか?

阪口
大人になってからは何故かギャンに惹かれるようになりました。ゲームの『ギレンの野望』をプレイしても、量産するのは史実どおりゲルググじゃなくて、ギャンなんです。あとはガルバルディやマラサイあたりが好きですね。

―阪口さんにとって、「宇宙世紀ガンダム」の魅力とは何でしょう?

阪口
なかなか難しい質問ですね……。まずは「宇宙世紀」という縦軸があって、ほかのシリーズとの繋がりが感じられるところ。あとは、富野総監督ならではのクセの強いキャラクターがたくさん出てくるところですかね。人間として欠陥のあるキャラも多いんですけど、現実でも完璧な人間なんていないですから、そのあたりにもリアリティがありますよね。

《沖本茂義》

編集部おすすめの記事

特集