謎のアニメーション「SUSHI POLICE」がティザーサイト公開 

ニュース

9月16日、謎のアニメーションプロジェクト『SUSHI POLICE』のティザーサイトが立ち上がった。サイトにはCGタッチで描かれたビルの谷間、そこにはサラリーマン風の3人のキャラクターが立っている。個性たっぷりのビジュアルが目を惹く。
3DスタイルのCGアニメとも見えるが、本作の情報は現在はほとんど公開されていない。話題は海外先行で、このポスターは2015年度のカンヌ国際映画祭のフィルムマーケットで「The Hollywood Reporter」誌が選ぶポスター賞を受賞している。

ポスターを制作したのは、CGスタジオのKOO-KIである。福岡に拠点を構える国際的クリエイティブ集団である。これまでにも「NIKEiD Cosplay」や「サガミオリジナル002LOVE DISTANCE」のCMで、カンヌ国際広告祭の賞を受賞しているなど実績は十分だ。
それだけに、作品の内容も気になるところだ。今後の展開は今回オープンしたティザーサイトで順次、明かされる予定だ。

一方、『SUSHI POLICE』を知る手がかりもある。作品のタイトルにある“スシポリス”は実際に使われている言葉でもある。日本政府が2006年に「海外日本食レストラン認証制度」導入を検討した際に、海外メディアが「スシポリスがやってくる!」と報道し、広まった。
また、9月19日から京都国際マンガミュージアムのギャラリーで、「京都国際マンガ・アニメフェア2015」特別企画展として行われる「RIMP-ANIMATION 琳派400周年×『NEWTYPE』30周年 琳派オマージュ展」にも『SUSHI POLICE』は選出されている。ここでも作品の一端を感じることが出来そうだ。展示は9月19日から11月3日までを予定する。展示がスタートする9月19日には、『SUSHI POLICE』のティザーサイトが1日限定で金色カラーの琳派バージョンとなる企画も実施する。
今後もこうしたコラボレーションが続きそうだ。作品の内容と合わせて、今後のこうした展開も注目される。
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集