京まふでラブライブ!×ねぶた? 日本画・琳派とアニメのコラボ企画も

ニュース

「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)」が、2015年9月19日(土)・20日(日)に京都市勧業館(みやこめっせ)ほかにて開催される。2012年に西日本最大級のマンガ・アニメイベントとしてはじまり、今年は第4回目となる。開催が迫る中で、観覧情報が続々と公開中だ。
まず来場者であれば誰でも観覧可能なオープンステージが追加、これでステージが出揃った。『ハッカドール THE・あにめ~しょん』から、トムス・エンタテインメントトーク、『牙狼 -紅蓮ノ月-』まで太歳だ。公式サイトにて詳細が確認出来る。

また今年の京まふでは、尾形光琳らの活躍によって発展した芸術上の流派・琳派の400周年を記念した企画が行われる。マンガ・アニメとのコラボレーション作品の展示、オリジナル商品の販売だ。『魔法少女まどか☆マギカ』『進撃の巨人』『らき☆すた』「初音ミク」など人気作目白押しで注目を集めていた。このたびラインナップのなかに、『実は私は』『Charlotte』『スシポリス』『青春×機関銃』『鉄腕アトム』『ドリフターズ』が追加発表された。
琳派という伝統産業のコラボは、キャラクター文化と日本の伝統文化をつなぐユニークな試みと言えるだろう。作品ファン以外の人も触れてみてほしい。

今年の青森ねぶた祭りでは『ラブライブ!』とのコラボねぶたが話題を呼んだ。その1年生・2年生・3年生の3台のねぶたが、京まふにあわせて関西に初上陸する。その詳細が明らかになった。
主人公の高坂穂乃果・園田海、南ことりがあしらわれた2年生チームのねぶたが京都国際マンガミュージアムに設置、1年生・3年生チームは会期中に限りみやこめっせに展示される。グッズ販売も行われるため、関西の『ラブライブ!』ファンならばぜひ駆けつけたい企画だ。

京都国際マンガ・アニメフェア2015
2015年9月19日(土)、20日(日)
[会場]
みやこめっせ会場 、京都国際マンガミュージアム
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集