「オオカミ少女と黒王子」実写映画化決定 二階堂ふみ×山崎賢人で人気ラブコメがスクリーンに

ニュース

八田鮎子の描く大ヒット少女マンガ『オオカミ少女と黒王子』の実写映画化が決定した。主演は二階堂ふみと山崎賢人、監督は『ストロボ・エッジ』と『娚の一生』の廣木隆一が務める。
2016年5月にワーナー・ブラザース映画配給で全国公開となる。原作に加えてテレビアニメ化でも人気を呼んだ作品だけに、映画でも話題を呼びそうだ。

『オオカミ少女と黒王子』に登場するのはちょっと個性的な高校生たち。見栄っ張りの篠原エリカ(二階堂ふみ)は、恋愛経験ゼロなのに彼氏がいフリをする毎日を続けている。それが友達にばれそうになった時、街で見かけたイケメンの佐田恭也を自分の彼氏として紹介。
ところが恭也は、同じ学校に通う人気者だった。恭也はエリカの彼氏のフリをすることを承諾するが、実は見た目の王子さまっぷりと裏腹に超ドSの「黒王子」だった。偽装カップルの行方はどうなるのか?

原作は「別冊マーガレット」(集英社)に2011年から連載されるヒットマンガ、単行本の累計発行部数420万部を突破するほどだ。2014年にはテレビアニメ化もされこちらも人気を博した。
そんな作品を一体どう実写映画のするのか興味は尽きない。映画の鍵を握るのは、まず登場人物たちを演じる役者陣だろう。これに強力な主演キャストが決まっている。
エリカ役の二階堂ふみは、第36回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞、そして『私の男』『渇き』などに出演する。若手ながら難役に挑む演技に定評がある。
一方佐田恭也役を演じる山崎賢人は、テレビドラマ『デスノート』L役で注目を浴びる。『ヒロイン失格』『orange-オレンジ-』『四月は君の嘘』など話題作への出演が続く。

そして監督にも期待がかかる。『ストロボ・エッジ』『娚の一生』など少女マンガ映画化に定評のある廣木隆一が起用された。撮影は2015年12月からスタート、年明け1月まで続く。2016年初夏の話題の映画となりそうだ。

『オオカミ少女と黒王子』
原作: 八田鮎子作「オオカミ少女と黒王子」(集英社『別冊マーガレット』連載) 
キャスト: 二階堂ふみ、山崎賢人
監督: 廣木隆一 
公式サイト:ookamishojo-movie.jp 

原作者、主演、監督のコメントは次ページ   
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集