「うさぎのモフィ」カートゥーン ネットワークで9月放送開始 日本発でイタリアでアニメーション化

ニュース

(c)Sony Creative Products / Rai Fiction / Associati Audiovisivi / ZDF Enterprises
  • (c)Sony Creative Products / Rai Fiction / Associati Audiovisivi / ZDF Enterprises
  • (c)Sony Creative Products / Rai Fiction / Associati Audiovisivi / ZDF Enterprises
  • (c)Sony Creative Products / Rai Fiction / Associati Audiovisivi / ZDF Enterprises
コットンを使ってキャラクターを表現したコマ撮りアニメーション『うさぎのモフィ』が、9月6日よりチャンネル・カートゥーン ネットワークにて放送を開始する。これまでにもNHK BSプレミアムやEテレで放送されているが、CS放送では初めて、あらためて作品の魅力を届けることになる。
『うさぎのモフィ』は日本生まれのキャラクターだが、今回のアニメーション化にあたってはイタリアで有名なストップモーションのスタジオが挑戦した。コットンの素材をキャラクターの魅力としてうまく表現している。

『うさぎのモフィ』は、耳の中のハートとフワフワのしっぽがチャームポイントの白ウサギ・モフィーが主人公。原作は絵本で、キャラクターデザインはリラックマの作者として知られるコンドウアキさんが務めている。
アニメーション制作は、粘土や砂などを使ったアニメを数多く手がけてきたイタリアのミッセーリ・スタジオが担当した。コットン(綿)を使用したコマ撮りアニメで絵本の優しい世界を描き出した。白い綿を手作業で染めることによってモフィたちが住む森を表現しており、その色使いは必見の仕上がりとなっている。

作品を見逃していた人にとっても嬉しいオンエアになるだろう。9月6日から毎週土曜、日曜の13時43分より放送がスタート。全26エピソードを予定している。
キャストはモフィ役を佐藤晴香さん、カエルのケリー役を徳本恭敏さん、土の中に住む郵便屋のモグ役を新田英人さん、リスの兄弟・リー役を沖田愛さん、スー役を葛谷知花さん、空からモフィたちを見守るお月さま役を石川悦子さんが務める。

『うさぎのモフィ』の各エピソードではモフィが友達と過ごす森での出来事を描いている。モフィーは泣いたり、笑ったり、怒ったりと様々な日々を経験し、自分に自身の持てる女の子へと成長していく。
[高橋克則]

『うさぎのモフィ』
9月6日(日)よりカートゥーン ネットワークにて放送開始
毎週土曜・日曜 13時43分~13時51分

制作: アソシエッティ オーディオヴィジヴィ
キャラクター・デザイン: コンドウアキ
2012年日本・イタリア制作/全26エピソード
(c) Sony Creative Products / Rai Fiction / Associati Audiovisivi / ZDF Enterprises
《高橋克則》

編集部おすすめのニュース

特集