実写映画「僕だけがいない街」2016年春公開決定、主演・藤原竜也&有村架純

ニュース

マンガ『僕だけがいない街』が、実写映画化されることが7月24日に発表された。主人公・藤沼悟役を藤原竜也さん、ヒロイン・片桐愛梨役を有村架純さんが演じる。2016年春に公開される。
『僕だけがいない街』はマンガ大賞2年連続ランクインの人気作、すでにテレビアニメ化も決定している。さらに豪華キャストでの実写化が、大きな注目を集めそうだ。

『僕だけがいない街』は、『ヤングエース』(KADOKAWA)にて連載中の三部けいさんによるマンガだ。売れない青年漫画家・藤沼悟を主人公に時間を巻き戻せる能力”再上映(リバイバル)”を使って18年前の事件謎を解き明かしていく新感覚ミステリーだ。
"マンガ大賞""このマンガがすごい!"で2年連続ランクインするほどの人気を誇る。単行本の発行部数も着実に伸びており、既刊6巻で累計発行部数は139万部を超えている。2016年1月からはフジテレビ「ノイタミナ」枠にてアニメ化も決定している。

実写映画化にあたって、話題のマンガにふさわしく豪華キャストが抜擢された。主人公・藤沼悟役を名俳優・藤原竜也さんが演じる。藤原さんはこれまでも数々のマンガ原作映画で主演を務めてきた。『デスノート』夜神 月役、『カイジ 人生逆転ゲーム』伊藤開司役など、個性的や役どころで怪演を披露してきた。今作では「タイムリープ」を武器に連続誘拐事件の凶悪犯に迫る。
一方、ふさぎこんだ悟の心を開くヒロイン・片桐愛梨役を有村さんが演じる。有村さんは『ストロボ・エッジ』や『ビリギャル』などヒット作連発の今をときめく若手女優だ。今作でも大きな注目を集めそうだ。

様々な作品に引っ張りだこの藤原さんと有村さんだが、共演は今回が初となる。藤原さんは「大活躍の有村架純さんとの初共演、非常に楽しみにしております。若く才能のある方と組ませていただけることが、今の自分にとって大きな刺激になると思います」と期待を語った。役づくりについて藤原さんは「“時間を行き来する”特殊な現象に巻き込まれた主人公・悟の複雑な心情をどう演じようか、今から考え始めています」と意欲を見せる。
有村さんは「私が演じる愛梨が大切にしなければいけないことは、藤原さん演じる悟に全力で寄り添うことかなと思いました。信じる力を大切に、愛梨を大切に、演じられればと思います」と意気ごみを語った。

映画『僕だけがいない街』
2016年全国公開予定
《沖本茂義》

編集部おすすめの記事

特集