STUDIO4°Cと稲船敬二が米国で新作アニメ企画発表 Kickstarterで制作資金募集開始 | アニメ!アニメ!

STUDIO4°Cと稲船敬二が米国で新作アニメ企画発表 Kickstarterで制作資金募集開始

ニュース

アニメスタジオのSTUDIO4°Cと稲船敬二が率いるゲーム企画制作会社comceptがタッグを組み新たなプロジェクトを開始した。7月4日(現地時間)、米国で行われるアニメ・マンガの大型イベントアニメエキスポ2015(Anime Expo2015)でオリジナルのアニメとゲームを同時に開発する「RED ASH」が発表された。
本作はアニメとゲームのトップクリエイターが、同じキャラクター原案とストーリーコンセプトを用いながら 『Red Ash THE ANIMATION -Magicicada-』と『RED ASH The Indelible Legend』、アニメとゲームを作り上げる。7月4日の発表と同時に、アニメとゲーム双方のプロジェクトでクラウドファンディングのKickstarterで資金協力の募集を開始した。

STUDIO4°Cは、同社のプロデューサーである田中栄子が代表を務める。『ベルセルク 黄金時代篇』3部作や『マインド・ゲーム』『鉄コン筋クリート』など数々の名作を世に送り出してきた。ハイクオリティかつエッジの効いた映像は高く評価されている。『ANIMATRIX』なども含めて、とりわけ海外で広く知られている。今回の発表が海外で行われたのも納得だ。
一方comceptはゲームクリエイターの稲船敬二が、創造性豊かなゲームの開発目指して設立したクリエイティブ集団だ。すでに「Soul Sacrifice」シリーズで評価を受けている。『Mighty No. 9』ではKickstarterで4億円もの支援額を集めた。『RedAsh THE ANIMATION -Magicicada-』はまさに日本が世界に誇るアニメとゲームのトップクリエイターが連携した。



『RedAsh THE ANIMATION -Magicicada-』は、主人公たちが様々なステージを旅しながら、宝探しに挑む。
ストーリーが特徴的なのは、クラウドファンディングの目標が達成されるごとに、新たな冒険ステージが制作されることだ。ファンの支援に応じて作品の世界が広がる。Kickstarterでの最初の目標達成後は、日本のクラウドファンディングプラットホームでも協力の呼びかけをスタートする。
近年、アニメやゲームの世界では、ファンの力を結集したクラウドファンディングを活用した新しいかたちのアニメ、ゲーム創りが急激に増えている。そして今回発表の場となったアニメエキスポでは、comceptが『Mighty No. 9』の企画発表を行っている。アニメでも本年映画が完成したトリガーの『リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード』が、企画発表、そしてワールドプレミアをアニメエキスポで実施している。クラウドファンディングの発表にはぴったりの場所である。『RedAsh THE ANIMATION -Magicicada-』の今後の展開に注目が集まる。

アニメ『Red Ash THE ANIMATION -Magicicada-』
https://www.kickstarter.com/projects/mightyno9/red-ash-magicicada-by-studio4c
ゲーム『RED ASH The Indelible Legend』
https://www.kickstarter.com/projects/mightyno9/red-ash-the-indelible-legend

STUDIO4°C
http://www.studio4c.co.jp
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 京都精華大学がスタジオ4°C坂本拓馬氏を専任講師に セルルックCGの人材育成強化 画像 京都精華大学がスタジオ4°C坂本拓馬氏を専任講師に セルルックCGの人材育成強化
  • TOYOTA×STUDIO4°Cの新作アニメ パリ・ジャパンエキスポでプレミア上映 画像 TOYOTA×STUDIO4°Cの新作アニメ パリ・ジャパンエキスポでプレミア上映

特集