新海誠監督「言の葉の庭」6月26日からアンコール上映 雨の季節はこの映画

ニュース

2013年に公開された映画『言の葉の庭』が、6月26日から7月17日にかけてアンコール上映される。新海誠監督と馴染みが深い下北沢トリウッドで上映される。
公開から2年ぶりの上映となるが、今回は梅雨という雨の季節に合わせてのアンコール上映となる。すでに作品を観たことのあるファンであれば、この選択に思わず頷くに違いない。“雨”と“梅雨”は本作の重要なテーマとなっている。

上映は期間中、一部を除き19時からとなる。また土日は11時半の回も設ける。さらに7月3日、7月10日、7月17日の19時の回は、本編に加えて新海誠監督とキャストのインタビュー映像も上映される。映画館の大きな画面と雰囲気を味わいながら見られる貴重な機会だ。

『言の葉の庭』は、『ほしのこえ』『秒速5センチメートル』などで知られる新海誠監督の作品だ。46分の作品に凝縮された新海監督の世界は大きな反響を呼んだ。
入場料金が一律1000円でありながら興行収入は公開3日間で3000万円を突破し、新海監督の作品の中では最大ヒット作となった。
キャストは入野自由さんと花澤香菜さん、キャラクターデザインに土屋堅一さん、美術監督には滝口比呂志さんが並ぶ。主題歌は奏基博さんの『Rain』となっている。

2年経った今でも色あせない作品であり、雨の演出や新海監督ならではの色使いはまだ新鮮に映る。新作への期待が高まる中、また作品を映画館で見られる機会があるのは、ファンにとっては嬉しい。季節も合わせて、より作品を深く感じられそうだ。

下北沢トリウッド
http://homepage1.nifty.com/tollywood/index.html
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集