「FAIRY TAIL」新劇場版プロジェクトが始動 、新作OAD制作決定

ニュース

人気アニメ『FAIRY TAIL』の新劇場版プロジェクトが始動した。2012年公開の『劇場版 FAIRY TAIL 鳳凰の巫女』以来3年ぶり、長編映画第2弾である。
新劇場版の製作決定は5月16日に開催された「FAIRY TAIL 竜王祭2015」にて明らかになった。ロードショーの時期やスタッフなどの詳細はまだ発表されておらず、今後の続報も気になるプロジェクトである。

前作『劇場版 FAIRY TAIL 鳳凰の巫女』は原作者の真島ヒロさんがオリジナルストーリーの原案を務めるなど、全面的に参加したことが大きな話題となった。本作ではどのような展開を見せるのか注目したい。

イベントではそのほかにも新情報を続々と公開した。まず5月23日放送の第234話から突入する新章「冥府の門(タルタロス)編」のキービジュアルを発表。総勢10名以上のキャラクターたちが勢揃いしたスタイリッシュな1枚だ。
新作OAD「妖精たちの罰ゲーム」の制作も決定。こちらは「マガジンSPECIAL」2013年8月号に掲載された読み切りマンガをベースとした物語となる。テレビアニメ、OAD、劇場版と複数のメディアで作品を送り出していく。

そして7月17日には原作単行本第50巻が発売される。それを記念し、第50巻限定版では、真島ヒロさんが描き下ろした50枚のイラストをポストカード化する。原作ファンにとっても見逃せない企画となった。

『FAIRY TAIL』は「週刊少年マガジン」にて連載中のバトルファンタジーが原作。2009年からテレビアニメの放送がスタート。2013年4月から1年間の中断を挟み、現在は第2期がオンエア中の人気作である。
[高橋克則]

『FAIRY TAIL』
http://www.fairytail-tv.com/
《2高橋克則》

編集部おすすめの記事

特集