TVアニメ「純潔のマリア」谷口悟朗監督インタビュー 後編 監督としてのスタンスは?

イベント・レポート

2015年1月に放送開始したテレビアニメ『純潔のマリア』が、いよいよフィナーレを迎える。本作は中世フランスの百年戦争の時代を舞台に、争い嫌いな魔女・マリアが戦争を止めるべく奔走するファンタジー。重厚かつエンタテインメントたっぷりの原作を精鋭スタッフが見事にアニメ化した。
監督が『無限のリヴァイアス』や『コードギアス 反逆のルルーシュ』などで知られる谷口悟朗さん、アニメーション制作はProduction I.Gが担当とくれば、その面白さ、クオリティの高さも納得だ。
このインタビューでは、前編に引き続きマリアという主人公について、そして谷口監督自身の話をうかがった。最終話を迎える『純潔のマリア』は一体どんな作品だったのだろうか。

TVアニメ『純潔のマリア』公式サイト  
http://www.junketsu-maria.tv

3月29日(日)22時30分 TOKYO MXを皮切りに最終話放送

■ 「マリア」と「教会」

――物語づくりはどのように? 「マリア」と「教会側」、ふたつの対立が軸になってくると思いますが……。

谷口 
「地の教会」という意味でいいでしょうか?なら、特にマリアと「地の教会」を対立させようとはしていません。あくまで「地の教会」は人間社会のシステムとして機能しようとする。対して、マリアは「人間の社会や世界、構造とは別」つまり、「スタンドアローン」です。その彼女が結果的にどのように「世界や構造と対峙するのか、しないのか」というのがポイントかと思っています。

/

――マリアは魔法を使えて万能かと思いきや、戦争に介入するたびにミカエルに叩かれたりとけっこう苦戦しています。それでも自分を貫くマリアですが、彼女のキャラクター像は谷口監督ご自身の意見などが反映されているのでしょうか?

谷口
特にそういったわけではなく、マリアに関しては出来るかぎり原作のキャラクターに即しているつもりです。感情的なところを突っ走って、最後は“理屈”じゃなくなるところとか。彼女は論理と論理の間を“感情”で飛ぶんですよ。「あ、なんかわたし分かっちゃった」と。それに、良い意味で「わがまま」で「負けん気が強い」ですしね。

■ 監督としてつねに挑戦を

――谷口監督のこれまでの作品歴を見ると、内容やジャンルなどかなり幅が広いです。

谷口
作品を手がけるときに、必ず挑戦ポイントを見つけるよう意識しています。わたしは絵は描けないし、どこか大手のスタジオに所属しているわけでもないので、何かの専門家になってしまったら「谷口悟朗」としての商品価値がなくなってしまって、業界に居場所なくなるだろうと考えています。ですから、勉強も兼ねてできる限り作品のジャンルか切り口は変えたいと思っています。
ま、大層なことを言っているつもりはなくって「谷口」なんてものは所詮ただの使い捨て記号ですから、平たく言うと「何でもやりますよ」ということなんですが(笑)

――本作での挑戦は、どのあたりだったのでしょうか?

谷口
プロジェクトとしてのそれとは別に、個人としてのものは「作者の立場ではなく、演出として、どのように原作と向かい合うか」でした。だから、私がマリアを演じてはいけないんですよ。私はマリアを観察し、肯定してあげなければならない。

マンガにしろ小説にしろ、ある出来事が起こった原因や主人公がその行動にいたる理由を全て描くことは不可能です。そこには、自ずから作者による誇張や省略が入ります。今回、自分にとって理解しづらい部分を「演出」として乗り越えようと思いました。
今まで漫然と思っていたところをきちんと自覚しようと考えたということです。漫画のコマの外や行間にある部分を、まず私が理解して取捨選択して提示するということなんです。これは、朗読劇の演出をやっていた経験が生きましたね。とても良い勉強になりました。今後、私が乗り越えねばならない今後の大きな指標が見えてきた気がします。

――では最後に、いよいよ最終回を迎えるところで、改めてファンへのメッセージをお願いします。

谷口
このアニメは、兎にも角にも原作の石川さんが、アニメスタッフに全幅の信頼を置いて、すべてお任せ頂いたところから始まりました。まず石川さんへの感謝。そして、このような難解な作品を楽しんで観てくださっている視聴者の方々にお礼を言いたいです。最終回はここまで付き合ってくれた皆さまに満足してもらえるものになったのではないかと思っています。原作ファンの方にも、TVアニメからご覧になった方にも、ぜひ本作の結末を楽しんでいただければ幸いです。ありがとうございました。

ーーどうもありがとうございました。

/


■ 純潔のマリア Blu-ray & DVD第1巻 
3月27日発売
発売・販売元:バンダイビジュアル

/

【第1巻 特装限定版特典(BD&DVD共通)】
[封入特典]
総作監修正画集<第1話・第2話>(16P予定) 
特製ブックレット (40P予定)
[映像特典]
配信ミニ特番『チーフリサーチャーからの挑戦状』(出演:金元寿子<マリア役>・日笠陽子<アルテミス役>・小松未可子<プリアポス役>)
※「4話まとめて一挙無料配信」(2月8日より毎月1回・全3回)実施時に付属する特番です。一部編集有。
ノンテロップOP・ノンテロップED  TVCM・PV集
[音声特典]
オーディオコメンタリー<第1話・第2話>(出演予定:金元寿子<マリア役>・日笠陽子<アルテミス役>・小松未可子<プリアポス役>)
[他、仕様]
キャラクターデザイン・千羽由利子描き下ろしジャケット

abesan■ 純潔のマリア 
オリジナルサウンドトラック 
3月25日発売
発売元:ランティス  販売元:バンダイビジュアル
OP・ED主題歌CDも好評発売中

■ ミニ特番付き 純潔のマリア第9話~第12話一挙無料ライブ配信
4月5日(日)19時30分~ バンダイチャンネルにて実施!
ミニ特番「チーフリサーチャーからの挑戦状」
出演者:金元寿子(マリア役)、日笠陽子(アルテミス役)、小松未可子(プリアポス役)

TVアニメ『純潔のマリア』公式サイト
http://www.junketsu-maria.tv
TVアニメ「純潔のマリア」公式Twitter
@JunketsuMariaTV推奨ハッシュタグ #maria_anime

(C)石川雅之・講談社/純潔のマリア製作委員会
《沖本茂義》

編集部おすすめの記事

特集