「劇場版サイコパス」場面カット・あらすじ公開 登場キャラクター、新キャラクター明らかに

ニュース 映画/ドラマ

この12月に『PSYCHO-PASSサイコパス2』が怒涛の最終回を迎えた。その物語を引き継ぐ『劇場版PSYCHO-PASSサイコパス』が、早くも2015年1月9日(金)から公開される。
そのストーリー、舞台はこれまでほとんど語られていないが、12月19日に劇場版の場面カットと登場キャラクター、さらにあらすじが公開された。

『PSYCHO-PASS サイコパス』は2012年10月から放送された作品だ。放送開始当初より、豪華スタッフが話題を呼んでいた。『踊る大捜査線』シリーズの本広克行監督が総監督を務め、脚本は虚淵玄さんが担当。キャラクター原案は週刊少年ジャンプで『家庭教師ヒットマンREBORN!』を連載していた天野明さんが手掛けた。
その人気から新編集版を2014年7月から放送し、10月から第2期が放送された。さらにファンを確実に拡大している。

今回新たに公開された新場面カットでは、第2期の最後まで生き残ったキャラクター達が姿をみせる。さらに新キャラクターや気になるキャラクターも姿を見せている。
主要キャラクターは、主人公の常守朱をはじめとした公安刑事課一係の宜野座伸元、霜月美佳、六合塚弥生、雛河翔、唐之杜志恩、須郷徹平、そして雑賀 譲二となっている。新キャラクターは神谷浩史さん演じるニコラス・ウォンや、石塚運昇さん演じるデスモンド・ルタガンダなどが明らかになった。

発表されたあらすじでは、世界が舞台としており、建物の外観や明らかに日本ではない場所のカットが見られる。また、公開にあたってはR15のレイティングがつけられた。かなり激しいアクションが予想される。
主題歌が凛として時雨が担当、イベントなど劇場版についての情報も次々と公開されている。公開日まで一ヵ月を切る中で、より一層盛り上がりそうだ。

『劇場版 PSYCHO-PASSサイコパス』
1月9日(金)全国公開
配給:東宝映像事業部
R-15指定  上映時間:113分
http://psycho-pass.com/

[あらすじ]
世界は禁断の平和(システム)に手を伸ばす。
2116年――常守朱が厚生省公安局刑事課に配属されて約4年が過ぎた。
日本政府はついに世界へシビュラシステムとドローンの輸出を開始する。長期の内戦状態下にあったSEAUn(東南アジア連合/シーアン)のハン議長は、首都シャンバラフロートにシビュラシステムを採用。銃弾が飛び交う紛争地帯の中心部にありながらも、水上都市シャンバラフロートはつかの間の平和を手に入れることに成功した。シビュラシステムの実験は上手くいっている――ように見えた。
そのとき、日本に武装した密入国者が侵入する。彼らは日本の警備体制を知り尽くしており、シビュラシステムの監視を潜り抜けてテロ行為に及ぼうとしていた。シビュラシステム施行以後、前代未聞の密入国事件に、監視官・常守朱は公安局刑事課一係を率いて出動。その密入国者たちと対峙する。やがて、そのテロリストたちの侵入を手引きしているらしき人物が浮上する。
その人物は―― 公安局刑事課一係の執行官だった男。そして常守朱のかつての仲間。
朱は単身、シャンバラフロートへ捜査に向かう。自分が信じていた男の真意を知るために。
男の信じる正義を見定めるために。

〔スタッフ〕
総監督: 本広克行 監督: 塩谷直義
脚本: 虚淵玄(ニトロプラス)、深見真
キャラクター原案: 天野明
キャラクターデザイン: 恩田尚之、浅野恭司、青木康治 
総作画監督: 恩田尚之
色彩設計: 上野詠美子 美術監督:草森秀一
3D監督: 三村厚史
撮影監督: 荒井栄児 編集: 村上義典
音楽: 菅野祐悟 音響監督: 岩浪美和
主題歌: 凛として時雨「Who What Who What」(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)
アニメーション制作: Production I.G 制作:サイコパス製作委員会

〔キャスト〕
花澤香菜 / 野島健児 / 佐倉綾音 / 伊藤 静 / 櫻井孝宏 / 沢城みゆき / 東地宏樹 / 山路和弘 / 日高のり子 / 神谷浩史 / 石塚運昇 / 関 智一

『PSYCHO-PASSサイコパス』
(C)サイコパス製作委員会
《animeanime》

関連ニュース

特集