「小説 進撃の巨人 LOST GIRLS」12月9日発売 ミカサやアニの知られざるエピソード | アニメ!アニメ!

「小説 進撃の巨人 LOST GIRLS」12月9日発売 ミカサやアニの知られざるエピソード

ニュース

テレビアニメ『進撃の巨人』のスピンオフ・ノベル『小説 進撃の巨人 LOST GIRLS』が12月9日(火)にリリースされる。
アニメ版の脚本家・瀬古浩司さんの手による3編のエピソードを収録したものだ。ミカサやアニの知られざるエピソードを楽しむことができる。

『小説 進撃の巨人 LOST GIRLS』はBlu-ray初回特典のビジュアル・ノベル「ミカサ外伝 Lost in the cruel world」「アニ外伝 Wall Sina, Goodbye」と、書き下ろし「Lost Girls」を新書サイズでまとめた一冊だ。アニメ版に携わった脚本家・瀬古浩司さんが『進撃の巨人』の新たな世界観を紡ぎ上げている。
小説の帯には原作者・諫山創さんの言葉が収められた。「瀬古さんが進撃のアニメを素晴らしいものにしてくれた要因であることは、これを読めばよくわかるはずです」と原作者のお墨付きコメントに期待が高まる内容となった。

「ミカサ外伝」「アニ外伝」はタイトル通り、キャラクターの隠されたエピソードを取り上げている。本作を読めば登場人物に対する理解がより深まるだろう。
書き下ろし「Lost Girls」はミサカとアニ、二人の物語に仕上がっているようだ。瀬古さんは「何故ミカサとアニの物語なのか(二人の無口な少女の物語であることの必然性)については明確な理由が存在するが、それを説明しはじめるととても長い話になるので、ここでは割愛させていただく」と、その詳細の明言は避けた。
だが「ミカサとアニの抱え込んでいるものにどうしようもなく興味を(そして心を)惹かれ、それと同時におそらくは彼女たちの抱え込んでいるであろうものを自らの手で書くことによって、彼女たちのことをより深い部分で理解したかった、ということになると思う」と明かしている。

『小説 進撃の巨人 LOST GIRLS』は12月9日(火)発売。価格は750円(税抜)となる。
[高橋克則]

『小説 進撃の巨人 LOST GIRLS』
http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063770964
著: 瀬古浩司
原作: 諫山 創
協力: 「進撃の巨人」製作委員会
発売日: 12月9日(火)
価格: 750円(税抜)
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 「進撃の巨人展」に潜入 アンリアレイジTシャツは大人買い! 画像 「進撃の巨人展」に潜入 アンリアレイジTシャツは大人買い!
  • 「進撃の巨人展」 圧倒的な原画で分かる諫山創の成り立ち 画像 「進撃の巨人展」 圧倒的な原画で分かる諫山創の成り立ち

特集