新人アーティストの安田レイ デビューアルバムでいきなり1位 「魔法科高校の劣等生」でも活躍 | アニメ!アニメ!

新人アーティストの安田レイ デビューアルバムでいきなり1位 「魔法科高校の劣等生」でも活躍

ニュース

新人アーティストの安田レイ デビューアルバムでいきなり1位 「魔法科高校の劣等生」でも活躍
  • 新人アーティストの安田レイ デビューアルバムでいきなり1位 「魔法科高校の劣等生」でも活躍
2013年にデビューした女性アーティスト安田レイが話題を集めている。2014年10月8日に発売したファーストアルバム「Will」が、10月8日のiTunes StoreのJ-POPトップアルバムチャートで1位を獲得、さらに総合アルバムチャートでも2位となった。新人アーティストとしては異例の実績だ。

大ヒットスタートではあるが、安田レイの名前を知らない人も多いに違いない。それもそのはずで、デビューは2013年7月の「Best of my Love」、現在までのシングルリリースは2014年9月3日に発売された「Mirror」までで4枚目に過ぎないからだ。
年齢も今年で21歳と若い。しかし、その歌唱力はすでに高い評価を受けている。デビューは昨年だが、プロのアーティストとしてのキャリアは実は13歳から始まっている。2006年に音楽と映像の融合を掲げる音楽ユニット・元気ロケッツのオーディションに合格し、ボーカリストして活躍するようになった。

一方で、すでにアニメファンにはお馴染みの存在になっている。デビュー曲の「Best of my Love」は、テレビアニメ『宇宙戦艦ヤマト2199』のエンディングテーマに起用されている。さらにサードシングル「パスコード4854」はテレビアニメ『金田一少年の事件簿R』エンディングテーマだ。
そして最新シングル「Mirror」は、テレビアニメ『魔法科高校の劣等生』エンディングテーマに起用されている。2014年春夏のヒット作である。人気作とタイアップも、安田レイの実力を世に伝える力になったに違いない。それが今回のヒットチャートの数字にも表れた。
「宇宙戦艦ヤマト2199」や「魔法科高校の劣等生」など人気アニメのテーマソングや、nissenのTVCMソングなどに起用され、着実にステップアップしてきた。

『Will』には、「Best of my Love」、「パスコード4854」、「Mirror」のほか、過去1年あまりの安田レイの活躍がぎっしり詰め込まれた。元気ロケッツの名曲「Heavenly Star」をアコースティックカバーしたボーナストラックを含めて14曲、必聴の1枚だ。



安田レイ オフィシャルサイト 
/http://www.yasudarei.net/


1st Album 『Will』
10月8日リリース
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

  • 「魔法科高校の劣等生」新エンディングに安田レイ 4thシングル「Mirror」を起用 画像 「魔法科高校の劣等生」新エンディングに安田レイ 4thシングル「Mirror」を起用
  • 「宇宙戦艦ヤマト2199」EDでメジャーデビュー 安田レイ、さいたまスーパーアリーナで初ライブ 画像 「宇宙戦艦ヤマト2199」EDでメジャーデビュー 安田レイ、さいたまスーパーアリーナで初ライブ

特集