『Fate/stay night[Unlimited Blade Works]』先行上映イベントで明らかになったufotableの覚悟 | アニメ!アニメ!

『Fate/stay night[Unlimited Blade Works]』先行上映イベントで明らかになったufotableの覚悟

イベント・レポート

『Fate/stay night[Unlimited Blade Works]』先行上映イベントで明らかになったufotableの覚悟
  • 『Fate/stay night[Unlimited Blade Works]』先行上映イベントで明らかになったufotableの覚悟
  • 『Fate/stay night[Unlimited Blade Works]』先行上映イベントで明らかになったufotableの覚悟
  • (C)TYPE-MOON・ufotable・FSNPC
  • (C)TYPE-MOON・ufotable・FSNPC
  • (C)TYPE-MOON・ufotable・FSNPC
  • (C)TYPE-MOON・ufotable・FSNPC
  • (C)TYPE-MOON・ufotable・FSNPC
  • (C)TYPE-MOON・ufotable・FSNPC
PCゲームとして世に送り出されてから10年。様々に広がっていくFateの世界の原点とも言える作品を、『Fate/Zero』の巧みな演出、美麗な映像でファンを驚かせたufotableが再び手がける。『Fate/stay night[Unlimited Blade Works]』が、いよいよ放送開始となる。
放送直前の期待が高まる中、日本(東京・大阪・徳島)、アメリカ・ロサンゼルス、フランス・パリ、ドイツ・ニュルンベルグ、韓国・ソウルの計五カ国7都市にて、9月28日日曜日に『世界同時先行上映イベント -Holy Grail’s call-』が開催された。

東京では新宿バルト9が会場となり、ゲストとして監督の三浦貴博さん、キャラクターデザイン/総作画監督の須藤友徳さん、衛宮士郎役の杉山紀彰さん、セイバー役の川澄綾子さんが登壇した。
会場でファンと一緒に鑑賞した4人は1時間となるエピソードの上映が終わると、大きな拍手の熱い歓迎を受けステージへ。

杉山さんは「アフレコの時からすごくなるだろうと予想はしていましたが、実際こうして見る完成映像は2倍も3倍も上回っていて正直驚いています」と興奮する胸の内を語った。
またこのタイミングで、第一週目「#00 プロローグ」、第二週目「#01 冬の日、運命の夜」の両エピソードがそれぞれ1時間となること、そして、同じ時間軸における遠坂凛と衛宮士郎それぞれの視点から描かれるということが明かされた。

おそらくTVアニメシリーズでは世界初となるであろう試みに、三浦監督は「原作をキチンとやろう、というコンセプトがまずあり、通常のアプローチでは難しいだろうということでこういった形をとりました。#00、#01での各キャラクターのしぐさや表情はその後のエピソードの布石にもなっているので、ぜひじっくりご覧ください」と語った。
「#01」が劇場作並の作画だったことを受けて、その後の話数でもクオリティは保たれるのかという話題に、総作画監督の須藤さんは「演出から来る絵コンテが手を抜いてくれないので、作画もやらざるを得ません(笑)」と#02以降のクオリティについても太鼓判をおした。またキャラクターデザインも担当している須藤さんはキャラクター原案の武内崇さんとは現在に至るまで約8年、共に仕事をしている関係。「古いデザインを武内さんに出すとリテイクになるんです。常に『今』のデザインを。今回も2014年のキャラクターが描かれています」とキャラクターについても時代と共にアップデートされていることを打ち明けた。

川澄さんは、セイバーと士郎が初めて出会う有名なシーンについて「いろんなセイバーを演じさせていただきましたが、やっぱりこれがはじまりなんだ、ということを改めて強く意識しました。演じれば演じるほど、作品が積み重なれば積み重なるほど、初登場のあのセリフを、果たして自分が言ってもいいのだろうかと思った時期もあって。今回は今までにないほど緊張しました」と振り返った。
最後に三浦監督は「この先もいろいろな『仕掛』を用意しておりますので、ぜひ楽しみにしていてください」とコメントした。

スタッフ、キャストの並々ならぬ思いが詰まった本作。いよいよ10月4日土曜日より放送開始となる。
[細川洋平]

テレビアニメ『Fate/stay night[Unlimited Blade Works]』
/http://www.fate-sn.com/
2014年10月4日(土)24時よりTOKYO MX・とちぎテレビ・群馬テレビ・BS-11にて全国同時放送
niconicoにて2014年10月4日(土)25時より配信開始

[イントロダクション]
舞台は海と山に囲まれた都市・冬木市。
そこで行われる、ある一つの儀式。

手にした者の願いを叶えるという聖杯を実現させる為、聖杯に選ばれた七人の魔術師に、聖杯が選んだ七騎の使い魔を与える。

騎士-"セイバー"
槍兵-"ランサー"
弓兵-"アーチャー"
騎兵-"ライダー"
魔術師-"キャスター"
暗殺者-"アサシン"
狂戦士-"バーサーカー"

マスターは七つの役割を被った使い魔一人と契約し、七組は、聖杯を求め、最後の一組となるまで殺し合いを繰り広げる。

その名は「聖杯戦争」。


[Fate/stay night 『Unlimited Blade Works』とは…]
遠坂凛をヒロインとするシナリオ。
魔術師の名門・遠坂家に育った凛は、亡き父への想いと共にアーチャーのサーヴァントを召喚し、聖杯戦争に参加する。
しかしその矢先、彼女は同じ高校に通う衛宮士郎が戦いに巻き込まれたことに気づき、思いがけず瀕死の彼を助けてしまう。やがて彼女は、セイバーのサーヴァントを召喚した士郎と共に、聖杯戦争に仕組まれた大きな陰謀を打ち砕くべく戦うことにする。
そして物語は、そんな士郎の魔術に秘められた謎と、頑なに「正義の味方」を目指そうとする彼の性質の真贋を問うものへと発展していく。

<スタッフ>
原作:奈須きのこ/TYPE-MOON
キャラクター原案:武内崇
監督:三浦貴博
キャラクターデザイン:須藤友徳・田畑壽之・碇谷敦
色彩設計:千葉絵美・松岡美佳
美術監督:衛藤功二
撮影監督:寺尾優一
3D監督:宍戸幸次郎
音楽:深澤秀行
アニメーション制作:ufotable
オープニングテーマ:綾野ましろ『ideal white』(Ariola Japan)
エンディングテーマ:Kalafina『believe』(SME Records)

<キャスト>
衛宮士郎:杉山紀彰
遠坂凛:植田佳奈
セイバー:川澄綾子
アーチャー:諏訪部順一
間桐桜:下屋則子
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン:門脇舞以
葛木宗一郎:てらそままさき
ランサー:神奈延年
キャスター:田中敦子
アサシン:三木眞一郎
ライダー:浅川悠
藤村大河:伊藤美紀
間桐慎二:神谷浩史
柳洞一成:真殿光昭
言峰綺礼:中田譲治
衛宮切嗣:小山力也
ギルガメッシュ:関智一

『Fate/stay night[Unlimited Blade Works]』
(C)TYPE-MOON・ufotable・FSNPC
《細川洋平》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

  • 「Fate/stay night [Unlimited Blade Works]」は2週連続1時間SP放送、新ビジュアルも公開 画像 「Fate/stay night [Unlimited Blade Works]」は2週連続1時間SP放送、新ビジュアルも公開
  • Kalafinaの新曲タイトルは「believe」 『Fate/stay night』のエンディングテーマ 画像 Kalafinaの新曲タイトルは「believe」 『Fate/stay night』のエンディングテーマ

特集