「ゴッドイーター」ufotable制作でTVアニメ化 バンダイナムコゲームスの大ヒット作が新展開 | アニメ!アニメ!

「ゴッドイーター」ufotable制作でTVアニメ化 バンダイナムコゲームスの大ヒット作が新展開

ニュース

バンダイナムコゲームスは2010年2月の発売以来、大人気を博しているアクションゲーム「GOD EATER(ゴッドイーター)」シリーズを、テレビアニメ化することを明らかにした。「ゴッドイーター」シリーズは累計出荷本数245万本と言う大ヒット作だが、テレビアニメ化で新たな飛躍を遂げることになりそうだ。
アニメ化は、シリーズが2015年に5周年を迎えることに合わせたプロジェクトの一環だ。5周年プロジェクトでは、このほか「パチスロ ゴッドイーター」の発売決定や最新作『ゴッドイーター2 レイジバースト』の中国語(繁体字)版を同時開発も明らかにしている。

テレビアニメ化で注目されるのは、アニメーション制作を『劇場版 空の境界』や『Fate/Zero』などのハイクオリティの映像でお馴染みのufotableが担当することだ。ufotableは同シリーズ作や「テイルズ オブ」シリーズなどのアニメーションパートでお馴染みだが、バンダイナムコゲームスのゲームを原作としたゲームのテレビアニメシリーズに取り組むのは、今回が初となる。
ハイスピードなアクション、重厚な世界観、魅力的なキャラクターとドラマティックなストーリーを売りにする「ゴッドイーター」シリーズからどんなアニメ作品が飛び出すか期待が高まる。放送開始は明らかにされていないが、5周年プロジェクトでもあり2015年の可能性が高そうだ。

「ゴッドイーター」シリーズは“ドラマティック討伐アクションゲーム”を掲げて、2010年2月にPSP用ソフト「ゴッドイーター」でスタートした。その後、強化版「ゴッドイーター バースト」、2013年11月にはPSP/PS Vita用ソフト「ゴッドイーター2」などが発売されている。
プレーヤーは3つの形態に変化する武器「神機」を操るゴッドイーターの一員となり、モンスターを討伐するミッションを遂行していく。ドラマティックなストーリーと討伐アクションが特徴だ。

「GOD EATER(ゴッドイーター)」シリーズ
(C)BANDAI NAMCO Games Inc.
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • ufotable制作の個性派アニメ「おへんろ。~八十八歩記~」主題歌CD発売、上映イベント決定 画像 ufotable制作の個性派アニメ「おへんろ。~八十八歩記~」主題歌CD発売、上映イベント決定
  • 「テイルズ オブ ゼスティリア」がTVスペシャルアニメに 制作はufotable 画像 「テイルズ オブ ゼスティリア」がTVスペシャルアニメに 制作はufotable

特集