「EVANGELION:3.0+1.0」 ヱヴァンゲリヲン新劇場版シリーズ次回作の深まる謎

ニュース アニメ

2014年9月5日、日本テレビ系の映画番組「金曜ロードSHOW!」にて、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」に関するサプライズな発表がされた。サプライズではあるものの、発表の内容は全く不明という奇妙なものだ。
「金曜ロードSHOW!」は8月22日より、3週にわたり「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの『:序』、『:破』、『:Q』の3週連続テレビ放送を実現した。なかでも『:Q』はテレビ初登場、さらに映画公開の際に併映となった『巨神兵東京に現わる 劇場版』(今回はさらにTV版がつく)との同時放送など話題も満載だ。

大型企画だけに、全放送の最後にシリーズ最新情報の発表があるのでないかと期待するファンも多かった。そして、9月5日に発表はあった。
テレビの画面に映し出されたのは“NEXT EVANGELION:3.0+1.0”の文字である。またテレビ放送に合せて、公式サイトでも同じロゴが大きく掲載されている。しかし、その詳細は全く明らかにされていない。一部で発表が期待されていた次回劇場作品の公開時期も、依然明らかでない。

『3.0+1.0』の文字が、公式サイトのシリーズタイトルでも『:序』の『:1.0』、『:破』の『:2.0』、『:Q』の『:3.0』と横並びであることから、これが次回作あることは推測される。
しかし、もともと3部作とされてきた「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズは、後に『:Q』のあとに新たな1本がある4部作に変更された経緯がある。そして、4本目の作品もこれまで“次回『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』”とされてきた。これがタイトル変更なのか、それとも新たな展開なのかは謎だ。

そして気になるのは、『3.0+1.0』の意味するところだ。コンマゼロ(.0)はこれまで新劇場版シリーズの英語タイトルに使われてきた経緯がある。となると今後本作のさらなる正式タイトルが発表される可能性もあるだろう。
さらに、『3.0』が『:Q』、『1.0』が『:序』を示すタイトルであることを考えると、次回作が実際の第4部ではなく『:Q』と『:序』を再構成した作品と考えれられなくもない。あるいは『:Q』と『:序』をつなぐ物語こそが第4部なのか?謎ばかりを呼ぶ今回の『EVANGELION:3.0+1.0』の発表が、シリーズへのさらなる関心を呼び起こしたのは間違いない。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」
/http://www.evangelion.co.jp/index.html
《animeanime》

関連ニュース

特集