「攻殻機動隊ARISE」 4部作完結へ「border:4」劇場予告配信開始 EDアーティストも発表 | アニメ!アニメ!

「攻殻機動隊ARISE」 4部作完結へ「border:4」劇場予告配信開始 EDアーティストも発表

ニュース

(c) 士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊ARISE」製作委員会
  • (c) 士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊ARISE」製作委員会
  • (c) 士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊ARISE」製作委員会
  • 高橋幸宏 & METAFIVE
9月6日より「攻殻機動隊ARISE」シリーズ完結編「border:4 Ghost Stands Alone」の全国上映が2週間限定でスタートする。
それに先駆けて、迫力のアクションシーン満載の劇場予告配信が始まった。映像ではエンディングテーマ「Split Spirit」も初公開されておる。来月に迫ったフィナーレに期待も高まる。

シリーズは士郎正宗さんの傑作「攻殻機動隊」の誕生から25年、原作や従来のシリーズでは描かれなかった素子の公安機動隊が出来る前のエピソードを描く話題作である。
全4部作を予定しており、「border:4 Ghost Stands Alone」は一連のエピソードの最終パートにあたる。素子と公安9課はどのようにチームを組み、犯罪者たちと対峙していくかが注目される。



また『攻殻機動隊ARISE』では、毎回、変わるエンディングテーマを手がける大物アーティストも話題を呼んでいる。それだけにシリーズの最後のエンディング、本当の最後を手がけるアーティスも気になるところだ。
このラストを飾るエンディングテーマアーティストには、高橋幸宏 & METAFIVE(小山田圭吾×砂原良徳×TOWA TEI×ゴンドウトモヒコ×LEO今井)の参加が決定した。高橋幸宏が海外でも活躍する豪華ミュージシャンをメンバーに迎えたスーパーユニットである。その新曲「Split Spirit」はバンド初のレコーディングを行い、メンバー独自のアイディアを随所に取り入れた印象的な作品に仕上がっている。

今回の楽曲の歌詞について高橋幸宏は、「border:4」に登場する謎の少女エマと、今回初登場となるカカシの男・ブリンダジュニアの2人のキャラクターの葛藤、作品全体に通じる虚無感や悲しみを刹那に表現できたらと語った。
また彼自身が「攻殻機動隊」シリーズに感じているという独特な寂寥感も美しい音楽で表している。

今回配信となった劇場予告には、エンディングテーマ「Split Spirit」はもちろん、迫力あるアクションやメインキャラクターが活躍するシーンも収録。楽曲共々作品を堪能することができる。
結末に向けて大きく動き出す物語と、作品をさらに盛り上げる美しく印象的な楽曲。それらが合わさった「攻殻機動隊ARISE」シリーズのフィナーレは劇場のスクリーンで確認出来る。
[高橋克則]

『攻殻機動隊ARISE』
/http://kokaku-a.jp/
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 草薙素子の恋人、ホセ役の鈴木達央さんに訊く前編「攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears」 画像 草薙素子の恋人、ホセ役の鈴木達央さんに訊く前編「攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears」
  • “ARISEの素子は可愛さがある” ホセ役の鈴木達央さんに訊く後編「攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears」 画像 “ARISEの素子は可愛さがある” ホセ役の鈴木達央さんに訊く後編「攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears」