京まふ2014開催発表 9月20日、21日の2日間で40000人の来場者目標 | アニメ!アニメ!

京まふ2014開催発表 9月20日、21日の2日間で40000人の来場者目標

ニュース

京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)2014の開催日程が9月20日、21日に決定した。
京まふは2012年からスタート、今回3回目になる。
関西圏では数少ないアニメ・マンガの大型イベントということもあり、スタート当初より大きな人気となっている。前回はメイン会場となった京都市勧業館(みやこめっせ)に31800人が訪れた。今年はメイン会場や京都国際マンガミュージアムなどを含めて、総来場者数は40000人を目標とする。またブース出展は120小間、50企業・団体を見込む。

イベントの目的は、関西圏のアニメ、マンガ文化の振興とビジネスの拡大である。ファン向けには、企業によるマンガ、アニメ作品のブース展示、京都限定グッズの販売、さらに人気声優や監督が出演するステージイベントが人気だ。
さらにクリエイター向けには、各出版社のマンガ編集部が持ち込み原稿を見るマンガ出張編集部が好評を博している。自主制作作品を対象としたCGアニメコンテストも行われる。

一方で、ビジネス振興も、京まふの大きな役割だ。作品やキャラクターのライセンス保有企業と関西の企業とをつないだビジネス機会の創出も目指す。伝統工芸品や土産物とマンガ・アニメのコラボレーション商品をこれまで以上に促進する。
同時に国内外観光客の掘り起こしや、海外へ情報発信の役割も担う。関西からの日本のポップカルチャー発信のハブになることが期待されている。

京都国際マンガ・アニメフェア
/http://www.kyomaf.jp/

日時: 2014年9 月 20 日(土)~9 月 21 日(日)
会場: みやこめっせ、京都マンガミュージアム
主催: 京都国際マンガ・アニメフェア実行委員会、京都市
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 京まふ2013が大盛況で閉幕 来場者は前年比40%増31800名   画像 京まふ2013が大盛況で閉幕 来場者は前年比40%増31800名  
  • 京都・河原町に京まふアンテナショップ 「京とあまのね」がオープン  画像 京都・河原町に京まふアンテナショップ 「京とあまのね」がオープン 

特集