「マジンボーン」テレビ東京火曜日18時半、アニメ新枠で放送開始 OPに加藤和樹さん | アニメ!アニメ!

「マジンボーン」テレビ東京火曜日18時半、アニメ新枠で放送開始 OPに加藤和樹さん

ニュース アニメ

4月からテレビ放送を開始する男児向けのアニメシリーズ『マジンボーン』の放送情報が、3月14日に明らかになった。2014年4月1日より毎週火曜日、18時半よりテレビ東京系列6局ネットで届けられる。
テレビ東京は、これまで火曜日18時半から19時の時間帯はバラエティ番組などを放送してきた。大型番組として期待される『マジンボーン』のために新たなアニメ枠を設けたかたちだ。

実際に『マジンボーン』は、発表当初より、その大掛かりなプロジェクトが注目されている。アニメ制作はキッズアニメを得意とする東映アニメーション、原案も手掛けるバンダイはデータカードダス、プラモデル、カプセル玩具などトイ展開も担当する。
さらにマンガで圧倒的な強さをみせる集英社、アニメビジネスで定評があるテレビ東京が参加する。まさに強者連合と言っていいだろう。

こうした取り組みで、メディアミックスも積極的に仕掛ける。テレビアニメ、4月下旬から稼働するデータカードダスのほか、マンガとゲームの展開が決まっている。
2014年4月24日発売の「最強ジャンプ」(集英社)ではマンガ連載が始まる。2014年秋には、ニンテンドー3DS用ソフトがバンダイナムコゲームスから発売される。いずれもメインターゲットは9歳から12歳の男児となる。

『マジンボーン』の主人公は、どこにでもいる平凡な高校生・竜神翔悟だ。ところが突然現れた謎の敵ダークボーンに襲われたことで、運命が大きく変わることになる。翔悟は、ボーンカードを使い地球の運命を担うことになる。様々な謎もあるが、物語の進行と伴に解き明かされそうだ。
竜神翔悟役をKEENさんが担当するほか、立花慎之介さん、吉野裕行さん、安元洋貴さんと人気声優の出演もファンには注目されるだろう。さらに監督に『ONE OIECE』でも監督を務めた宇田鋼之介さん、キャラクター原案は『アイシールド 21』、『ワンパンマン』などのヒット作のあるマンガ家・村田雄介さんと、こちらも豪華だ。

3月14日には、オープニングテーマとアーティストも発表されている。加藤和樹さんが、「Legend Is Born」を歌う。加藤和樹さんは2005年にミュージカル「テニスの王子様」跡部景吾役でデビュー、その後、アーティスト、俳優として活躍してきた。今回は初のアニメのオープニングに挑戦する。

『マジンボーン』
/http://www.toei-anim.co.jp/tv/majinbone/

[スタッフ]
原案: BANDAI
原作: 東映アニメーション
監督: 宇田鋼之介
キャラクター原案: 村田雄介
CG キャラクター原案: 石川ヒデキ

[キャスト]
竜神翔悟(ドラゴンボーン): KENN
ルーク(シャークボーン): 立花慎之介
アントニオ(ジャガーボーン): 吉野裕行
タイロン(ライノーボーン): 安元洋貴
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

  • 2014年春アニメ化も決定「マジンボーン」 バンダイ×集英社×東映アニメの新プロジェクト 画像 2014年春アニメ化も決定「マジンボーン」 バンダイ×集英社×東映アニメの新プロジェクト
  • 大ヒット曲「千本桜」がニコニコミュージカルに 主演に加藤和樹、初音ミクも登場 画像 大ヒット曲「千本桜」がニコニコミュージカルに 主演に加藤和樹、初音ミクも登場

特集