「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-」 サンジゲン・松浦裕暁代表インタビュー:女の子をかわいく見せる挑戦

インタビュー ビジネス

Ark Performanceの人気SFマンガ『蒼き鋼のアルペジオ』がテレビアニメ化、『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』として、2013年10月から12月にかけて放送された。岸誠二監督、シリーズ構成・上江洲誠さんと実力派スタッフも揃い、ヒット作になった。人気原作に加えて、音楽展開も幅広く、話題の多い作品である。

なかでも注目を浴びたのが、本作のアニメーション制作を担当したサンジゲンである。CGアニメのスタジオとして名を馳せたサンジゲンが、全編にわたりフルCGで『蒼き鋼のアルペジオ』の世界を映像化した。
深夜帯のテレビアニメシリーズで、キャラクターを含めてCGで描くのは、かつてない挑戦だ。しかし、作品は広く受けいれられ大きな成功を収めた。
サンジゲンはいかに作品に挑み、その結果をどう受け止めているのか?サンジゲン代表取締役の松浦裕暁氏にお話を伺った。

『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』
/http://aokihagane.com/

abesan■ 深夜アニメ30分シリーズをフルCG:
結果的にはベストのタイミング


―アニメ!アニメ!(以下AA)
『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』は、ストーリーや演出、音楽などの見どころの多い作品です。でも、なかでも今回大きな見どころとなったのが、サンジゲンさんによるフルCGアニメの映像です。このCGについてもう一度、振り返らせてください。
まず、フルCGで30分のテレビアニメシリーズというのは、いままでなかったと思います。

―松浦裕暁氏(以下松浦)
そうですね。深夜アニメ、ハイエンドのアニメーションではなかったと思います。

―AA
それが始まったので観る側としては、とても驚きました。それをいま成し遂げてしまったわけです。当初からこれは出来るという目算があったのですか?

―松浦
不安な点もありましたが、出来る確信はありました。「このタイミングでやらないと」という思いもありましたし、「いま僕らが作らないと誰も作らないだろうな」という思いもありました。

―AA
その時に、遅すぎた、あるいは先をいっているといった感覚はあったのですか?

―松浦
結果的にはベストタイミングだったと思っています。いま思えば、もう1~2年早くやることも出来ただろうし、あるいはもう1~2年遅くても良かったかもしれないというのはありますね。

―AA
企画が誕生した、きっかけを教えてください。

―松浦
南さん(フライングドッグ:南 健プロデューサー)に原作をみせられて、「これをCGでやることは出来ないか?」と言われたのがきっかけです。そのときは、フルCGとハイブリッドのどちらかを選択する感じでした。
僕はCGでやった方が面白いんじゃないかと思って、南さんもCGでやるつもりだったようです。「出来ますか?」といわれて、「出来ます」とだけ言いました(笑)。

―AA
それは何年前になるのですか?

―松浦
『009 RE:CYBORG』を本格的に作る前だったので、2011年ぐらいの話です。

―AA
009の成功体験があって、それで「いける」と思ったのかと考えていたのですが、むしろ同時並行でだったんですね。

―松浦
そうですね。もちろん不安要素はありました。技術的には出来ても、あとは量産体制ですね、009は約1,300カットちょっとですが、アルペジオはさらに上のトータル3600カット、一年間で作る量が3倍になります。スケジュールも、毎週区切りがあります。

《animeanime》

関連ニュース

特集