2014年春にアニメ業界新イベントAnimeJapan開催 アニメフェアとアニメコンテンツエキスポが合流

ニュース イベント

2014年春に、新たな大型アニメイベントが誕生することになった。10月9日、東京・新宿のハイアットリージェンシー東京で、「アニメ業界 新イベント開催発表記者会見」が行われた。
この場で、AnimeJapan実行委員会が2014年3月22日と23日の2日間、アニメの文化と産業、情報を国内外に発信するAnimeJapan2014を東京ビッグサイトで開催することを明らかにした。

新イベントは、これまで春に開催されてきたアニメの大型イベント東京国際アニメフェア(TAF)とアニメ コンテンツ エキスポ(ACE)を発展させたものとなる。ふたつの大型イベントが合流することで、情報発信のパワーをさらに拡大する。
これに伴い2014年3月19日から22日まで開催を予定していた東京国際アニメフェアは行われなくなる。また、過去3年(2011年は震災のため中止)運営されてきたアニメコンテンツ エキスポも実施されない。
イベントの主催がAnimeJapan実行委員会になるほか、後援として一般財団法人日本動画協会、コミック11社会が協力する。アニメ、マンガの業界が協力するかたちになった。東京国際アニメフェアで主要な役割を果たした東京都は、ここには加わっていない。

イベントの参加企業もビッグネームが並んだ。実行委員会には、これまで東京国際アニメフェアの運営に関わってきた日本動画協会のほか、アニメコンテンツ エキスポの中心企業であったアニプレックス、KADOKAWAなども加わっている。
そのほか東映アニメーション、手塚プロダクション、サンライズなどアニメ製作会社、キングレコードやバンダイビジュアル、ポニーキャニオンといった映像ソフトメーカーなど、計19社、1団体で構成される。日本の主要アニメ企業が揃ってイベントを盛り上げていくことになる。

AnimeJapan2014は、開催会場は東京ビッグサイトを引継ぎ、日程もこれまで東京国際アニメフェア2014が予定したスケジュールを引き継ぐ。一方で、開催期間は22日と23日の2日間のみと、短縮された。巨大な会場の運営費を縮小することが可能になる。
一方、ふたつのイベントが合流することで、会場は一挙に拡大する。会場は東ホール1から6までとなる。東京ビッグサイトの東ホールを全て利用するかたちとなる。昨年の東京国際アニメフェアの会場が、東ホール1から3であったこと考えるとその巨大さが分かる。
また、ACEにはなかったビジネス向けの機能を盛り込む。ここ数年、アニメ業界のイベント分裂とも指摘されることの多かったふたつの大型イベントが合流することで、業界の新たな発展が期待出来そうだ。

実行委員長は、日本動画協会の理事長である布川郁司氏が務める。また、イベントの運営を統括するプロデューサーには、日本動画協会の北上浩司氏、アニメコンテンツエキスポを統括したアニプレックスの高橋祐馬氏の二人が就任した。ここからも、AnimeJapanが、東京国際アニメフェアとアニメコンテンツ エキスポを発展させたものであることが理解出来るだろう。
布川氏はこれまでふたつのイベントが並立していたこと、そして合流について、「俯瞰的にみて業界がふたつに割れたと見られていた。業界は結束しないといけないと、早い段階から動いていた」と説明する。そのうえで新イベントについて「世界最大のアニメの祭典として認知されるようにしたい」、また「来場者は10万人を目指す」と高い意欲を見せた。

AnimeJapan実行委員会
株式会社アニプレックス、株式会社アニメイト、株式会社KADOKAWA、キングレ コード株式会社、株式会社サテライト、株式会社サンライズ、ジェネオン・ユ ニバーサル・エンターテイメントジャパン合同会社、株式会社小学館集英社プロダクション、株式会社手塚プロダクション、東映アニメーション株式会社、 株式会社トムス・エンタテインメント、株式会社日本アドシステムズ、日本ア ニメーション株式会社、バンダイビジュアル株式会社、株式会社ぴえろ、株式 会社プロダクション・アイジー、株式会社フロンティアワークス、株式会社ポニーキャニオン、株式会社マーベラスAQL(19社/50音順)、及び、一般社団法人日本動画協会
《animeanime》

特集