「マジェスティックプリンス」、325万円の立体模型販売 コミケで全長2.2m超の新商品

ニュース イベント

人気アニメ『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』が、コミックマーケット84で驚きの商品を販売する。本作に登場するロボット・レッドファイブの立体模型「1/6.5 AHSMB-005 RED FIVE」で、価格は税込325万円となる。
立体模型は全長2.2m超の巨大サイズとなり、1点のみの超限定品だ。迫力も造形も、限定に相応しいハイクオリティ、そこで驚愕の価格設定となった。超プレミアのこの商品、実際に購入する猛者が現れるのか注目を集めそうだ。

制作は、数々の有名ロボット立体造形物を手掛けた造形会社アレグロが担当した。複雑で精密なメカデザインを完全再現した逸品である。まさにテレビから飛び出したような仕上がりとなっている。
販売価格325万円は、様々な商品が販売されるコミックマーケットでも異例の超高額アイテムだ。来場者の話題を攫う企画になるだろう。模型の制作メイキングは「月刊ヒーローズ」公式サイトで掲載中で、設計図や素材の切り出し工程などを見ることができる。

もちろんブースでは、お手頃価格のアイテムも用意されている。ブースでは2種類の限定Tシャツ「MJP-T/RED FIVE」と「MJP-T/HITACHI IZURU」を販売する。価格は各2000円(税込)となり、2枚同時購入するとコミケ84限定描き下ろしA3クリアポスターがプレゼントされる。
また、会場では特製うちわとブックレット「MJP-PROGRAM SECRET MANUAL」を無料配布する。ブックレットには、アニメの特集記事と「月刊ヒーローズ」にて連載中のマンガ『マジェスティックプリンス』第1話~第3話を特別収録。計126ページに及ぶ豪華な内容だ。

『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』はTOKYO MXほかにて放送中の人気アニメだ。人類が宇宙に進出を果たした時代、地球は汎銀河統一帝国を名乗る謎の勢力・ウルガルの襲来を受けていた。危機に陥った人類は遺伝子操作で宇宙に適応できる人類を生み出すプロジェクトを推進、チームラビッツの少年達が誕生した。生き残るため戦うチームラビッツを描く。
[高橋克則]

『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』
TOKYO MX、テレビ神奈川、KBS京都ほかにて放送中
/http://mjp-anime.jp/

「月刊ヒーローズ」RED FIVE 実在化計画
/http://www.heros-web.com/campaign/majestic_diary/index.html

コミックマーケット84 販売・配布アイテム情報
/http://www.mjp-anime.jp/01news/comiket/index.html
開催日: 2013年8月10日(土)~8月12日(月)
販売会場: 東京ビックサイト西4階企業ブース No.313

「1/6.5 AHSMB-005 RED FIVE(2.2m レッドファイブ)」
価格: 3250000円(税込)

「MJP-T/RED FIVE」&「MJP-T/HITACHI IZURU」
価格: 各2000円(税込)

無料配布物
ブックレット「MJP-PROGRAM SECRET MANUAL」
描き下ろし「コラボうちわ」
《高橋克則》

関連ニュース

特集