「劇場版あの花」埼玉・秩父市と連携企画次々と 特別企画展に、「あの花」振興券第3弾

ニュース イベント

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の8月31日の劇場公開が次第に迫ってきた。
そうしたなかで、本作と作品の舞台となった埼玉県・秩父市との連携企画が相次いでいる。これまでも多くの企画を行ってきた秩父だが、その勢いも増している。

まず、7月18日より杉並アニメーションミュージアムにて「『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』×秩父アニメツーリズム実行委員会」特別企画展が開催される。
展示は『あの花』の制作資料の展示と秩父の名所紹介が中心だ。制作資料では、作品の紹介パネルやポスター、設定資料などが披露される。秩父の名所を紹介では、作品の舞台のモデルになった埼玉県秩父市で行われたイベントなどを紹介する。
さらに七夕イベント「短冊にお願いを書こう!」を行う。秩父の七夕祭りは旧歴の8月6日と7日に行われが、秩父の各スポットの笹に飾る短冊をここで書く。特別企画展は8月11日までの開催となる。

一方、これまで大きな話題を呼んだ『あの花』振興券が、今年も発売される。作品のビジュアルを用いたデザインを呼んだものの第3弾だ。秩父川瀬祭りが開催される7月19日から発売される。販売店は秩父地域地場産業振興センター、道の駅ちちぶ、知々夫ブランド館、ほっとすぽっとちちぶ館、ねこじゃらし、みふねだ。
さらに振興券は、東京アニメセンターと杉並アニメーションミュージアムでも発売される。ただし、振興券を使用可能なのは秩父市内のみとなるので注意が必要だ。振興券は1000円分を1100円で購入、販売期間は12月25日まで、使用期限は12月31日までとなる。
[真狩祐志]

MIC on Web
/http://miconweb.web.fc2.com/
杉並アニメーションミュージアム
/http://www.sam.or.jp/
《真狩祐志》

関連ニュース

特集