「コードギアス 亡国のアキト」第2章 9月14日全国36館で劇場上映スタート  

ニュース アニメ

2012年夏から全4章でスタートしたアニメ『コードギアス 亡国のアキト』の第2章「引き裂かれし翼竜」が、9月14日から新宿バルト9、シネマサンシャイン池袋ほか、全国36館で上映をスタートする。第1章「翼竜は舞い降りた」は全国30館での上映スタートだった。
第1章の劇場上映は興行収入が1億絵7000万円と好調だった。上映後に発売されたBlu-ray Discは、約5万枚の大ヒットになっている。こうした人気を背景に、前作より規模を拡大することになる。今期も本作への期待は高そうだ。

また、劇場上映に向けて、第2章の新たな情報も公開された。公式サイトでは、新たな特報を配信、本編に登場するキャラクターやメカであるナイトメアフレームが明らかにされている。さらにキャラクター相関図やあらすじなど上映に向けて盛りだくさんだ。
今回の追加された情報のなかでは、ユーロ・ブリタニアサイドのキャラクターは大幅追加になっている。ユーロ・ブリタニアが深く物語に関わってくることが分かる。さらに神聖ブリタニア帝国の枢木スザクにも言及されている。
一方、ナイトメアフレームは、ユーロピア共和国連合(E.U.)にアレクサンダType-2が3機、ユーロ・ブリタニアにウェルキンゲトリクスとリバプールが1機ずつとなっている。それぞれの機体の活躍にも注目だ。

『コードギアス 亡国のアキト 第2章「引き裂かれし翼竜」』は、「コードギアス」シリーズの最新作である。2006年からの『コードギアス 反逆のルルーシュ』、『コードギアス 反逆のルルーシュR2』と、大ヒットを記録したテレビシリーズの流れを汲む劇場シリーズの第2作目である。
「亡国のアキト」シリーズでは、「反逆のルルーシュ」と「反逆のルルーシュR2」の間の物語が描かれる。本編の舞台は「反逆のルルーシュ」ではあまり登場しなかったユーロピア共和国連合(E.U.)である。

なお9月14日の公開を記念して、9月25日に「反逆のルルーシュ」のBlu-ray BOXも発売される。そして人気の高いエピソードを上映するイベント「『コードギアス 反逆のルルーシュ』Selection Night」も7月26日に予定されている。チケットの価格や発売など、随時告知予定である。

『コードギアス 亡国のアキト 第2章「引き裂かれし翼竜」』
新宿バルト9、シネマサンシャイン池袋ほか、
全国36館にて9月14日より劇場上映
/http://www.geass.jp/akito/

北海道: 札幌シネマフロンティア
宮城: MOVIX利府
東京: 新宿バルト9、シネマサンシャイン池袋、TOHOシネマズ渋谷、ユナイテッド・シネマ豊洲、立川シネマシティ
神奈川: 横浜ブルク13、TOHOシネマズららぽーと横浜、川崎チネチッタ、TOHOシネマズ海老名 千葉: 京成ローザ10、TOHOシネマズ船橋ららぽーと、MOVIX柏の葉
埼玉: MOVIXさいたま
茨城: シネプレックス水戸
栃木: MOVIX宇都宮
群馬: MOVIX伊勢崎
新潟: T・ジョイ新潟万代
静岡: シネシティ ザート
愛知: 伏見ミリオン座、ワーナー・マイカル・シネマズ大高、MOVIX三好
大阪: 梅田ブルク7、TOHOシネマズなんば、MOVIX八尾
京都: T・ジョイ京都
兵庫: シネ・リーブル神戸、TOHOシネマズ西宮OS
岡山: MOVIX倉敷
広島: 広島バルト11
徳島: シネマサンシャイン北島、ufotable CINEMA
福岡: T・ジョイ博多、T・ジョイリバーウォーク北九州
鹿児島: 鹿児島ミッテ10
《真狩祐志》

関連ニュース

特集