中田ヤスタカの音楽が「スター・トレック」の世界と融合 J.J.エイブラムスと夢のコラボレーション

ニュース 映画/ドラマ

アーティスト中田ヤスタカ(capsule)の音楽が、この夏話題の大作『スター・トレック イントゥ・ダークネス』の本編で使用されることになった。本作の監督で、ハリウッドを代表するクリエイター J.J.エイブラムスとコラボレーションを組む。
コラボレーションは、映画本編に使用された挿入楽曲をもとに行われた。西暦2259年のクラブシーンで使われた音楽を共同プロデュースした。

もともとこの曲は、J.J.エイブラムス監督が自ら作曲したものだ。J.J.エイブラムス監督は、演出だけでなく音楽の造詣が深いことで知られている。自身が手がけた人気テレビシリーズ『LOST』や『FRINGE/フリンジ』では作曲も担当した。そこで今回も本編の音楽の一部に、参加したというわけだ。
さらに今回は、このJ.J.のオリジナル楽曲を、世界6ヵ国のトップアーティストが共同プロデュースすることになった。そのひとりに日本からは、中田ヤスタカが選ばれた。

中田ヤスタカは、JJの描く世界観を中田サウンドが見事にマッチングさせる。それはあたかも未来のクラブを体験できるような臨場感あふれるものとなった。
さらにこの曲には、ゲストヴォーカリストとして日本のカワイイカルチャーを代表する きゃりーぱみゅぱみゅが参加している。映画鑑賞中に、耳を澄ますと、そのメッセージも聴こえてくるかもしれないとのことだ。J.J.エイブラムス監督はこの楽曲について、「6カ国のコラボレーション楽曲中、最高傑作だ」と高く評価している。
この楽曲「Into Darkness」は、今後7月に配信もされる予定になっている。映画公開に先駆けて楽しめそうだ。

中田ヤスタカ(capsule)のコメント
「偉大なる「スター・トレック」の世界観の創造に携われたこと、光栄です。
J.J.エイブラムス監督とのコラボレーションはとても刺激的であり、音楽家として未知なる冒険を体験できました。
圧倒的スケールの今作は、かつて僕自身がそうだったように、様々な分野に新しく挑む人々を勇気づけてくれるような映画です。皆様も是非、臨場感にこだわり抜いて制作した楽曲と共に、楽しんで頂ければ幸いです。」

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』
2013年8月23日(金)  全国公開
配給: パラマウント ピクチャーズ ジャパン
/http://www.startrek-movie.jp/
《animeanime》

関連ニュース

特集