「攻殻機動隊ARISE」 第1部冒頭8分を2週間限定ネットで無料配信 

ニュース アニメ

6月22日に、大型アニメシリーズ『攻殻機動隊ARISE』の第1部「border:1 Ghost Pain」が、いよいよ劇場公開をスタートする。2013年の新しい「攻殻機動隊」を掲げる野心作、しかもストーリーはこれまで描かれなかった公安9課の誕生前というからファンには目が離せないだろう。
そんな最新作の一部が、上映に先駆けてネットで確認出来る。なんと6月14日18時からYouTubeの公式チャンネルほかで、冒頭8分を無料配信することが決定した。ここで最新の映像を確認しつつ、劇場に足を向けるのもいいかもしれない。

本作の配信は、本編全編の有料配信もすでに決定している。こちらは6月22日のイベント上映スタートと同時に始まる。詳細は、今後公式サイトなどで告知される。
これは『攻殻機動隊ARISE』が劇場上映と映像ソフト発売、ネット配信の同時展開を目指したひとつだ。6月22日の上映劇場では、『攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain』のBlu-ray Discの先行発売も決定している。
この劇場限定版BDは、シナリオと生フィルムが付いて8000円(税込)だ。一般発売は7月26日からとなる。こちらはBDとDVDがある。それぞれ7140円(税込)、6090円(税込)である。
通常版の特典は、封入特典が特製オールカラーブックレット、映像特典が新作3DCGショートアニメ『ロジコマ・ビート』などである。また黄瀬さんの描き下ろしジャケットと特製スリーブケースも魅力だ。

『攻殻機動隊ARISE』は、士郎正宗さんが原作、黄瀬和哉さんが総監督・キャラクターデザイン、冲方丁さんがシリーズ構成・脚本、コーネリアスが音楽の豪華布陣で挑む攻殻機動隊シリーズ最新作だ。
総監督・キャラクターデザインの黄瀬さんは、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』『イノセンス』など、プロダクション I.Gの作品で作画監督やキャラクターデザインを担当してきた。シリーズ構成・脚本の冲方さんはSF作家として活動する一方、『マルドゥック・スクランブル』、『シュヴァリエ ~Le Chevalier D’Eon~』なども手がけている。音楽のコーネリアスは、小山田圭吾さんのソロプロジェクトとして国内外多数のアーティストとのコラボレーション、REMIX、プロデュースなど幅広く活動している。

今回はシリーズの始まりの世界が描かれるのが話題だ。草薙素子が少佐と呼ばれる以前が、各話およそ50分、全4部作でどのような展開になるのかに関心が集まっている。
劇場の来場者には、96Pにも及ぶ大ボリュームの「攻殻機動隊ARISE MANUAL BOOK」がプレゼントされる。こちらの内容も気になるところだ。

『攻殻機動隊ARISE』
/http://www.kokaku-a.com/
《真狩祐志》

関連ニュース

特集