富野由悠季監督ら 明治大学で講演 宇宙テーマに「進歩時宇夢」 | アニメ!アニメ!

富野由悠季監督ら 明治大学で講演 宇宙テーマに「進歩時宇夢」

ニュース アニメ

「機動戦士ガンダム」シリーズをはじめ『伝説巨神イデオン』や『OVERMANキングゲイナー』など様々なアニメを手掛けてきた富野由悠季監督が、明治大学のシンポジウムに登壇する。文系からみた宇宙をテーマにした「未来社会構造シンポジウム『進歩時宇夢』:宇宙に羽ばたく新たな日本を目指し」で講演をする。
シンポジウムは、3月31日(日)に明治大学駿河台キャンパスで開催される。入場は無料で事前申込不要、定員は400名となっている。宇宙ファンのみならず、アニメファンも注目のものになる。

富野監督は16時から行われるセッション3に登場。「1000年の夢を持たせる ―宇宙時代の社会問題を子供に理解してもらう必要性-」と題し、アニメ監督の視点から持論が語る予定だ。宇宙を舞台にした作品を数多く送り出した富野監督から、どのような発言が飛び出すのだろうか。

また、当日はマンガ家の松本零士さんも映像で出演する。松本さんは『宇宙戦艦ヤマト』や『銀河鉄道999』、『宇宙海賊キャプテンハーロック』などのSF作品で知られるマンガ界の重鎮である。
手がけた作品は現在に至るまでリメイクや派生シリーズが制作され、人気を集めている。日本のアニメやマンガを盛り上げてきた巨匠二人が参加する貴重なシンポジウムになるだろう。

シンポジウムではそのほか、宇宙航空研究開発機構(JAXA)スタッフなど各分野の専門家10人が登壇。社会学、人類学、教育、芸術などの観点から宇宙についての講演を行う。
さらに参加者と共に議論する場も設けられる。今回の企画は、明治大学商学部「特別テーマ実践科目」として開講した「未来社会の構造:宇宙社会学への入門」(担当:レナト・リベラ・ルスカ特任講師)の一環として実施される。
[高橋克則]

「未来社会構造シンポジウム『進歩時宇夢』」
/http://constructingfuture.wordpress.com/symposium/

日時: 2013年3月31日(日) 13時開演(12時半開場)
会場: 駿河台キャンパス
リバティタワー1階 リバティホール
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

  • 富野監督「あれがロボットものか!?」 「キングゲイナー」10周年でスタッフ描きおろしイラストも 画像 富野監督「あれがロボットものか!?」 「キングゲイナー」10周年でスタッフ描きおろしイラストも
  • 「キングゲイナー」10周年企画続々 アニメフェアに富野監督らスタッフ集結 画像 「キングゲイナー」10周年企画続々 アニメフェアに富野監督らスタッフ集結

特集