岩永洋昭、川畑要ら 総重量30Kg甲冑コスプレ 「ベルセルク」の世界を体を張ってアピール

イベント・レポート

『ベルセルク 黄金時代篇III 降臨』完成披露試写会
  • 『ベルセルク 黄金時代篇III 降臨』完成披露試写会
  • 『ベルセルク 黄金時代篇III 降臨』完成披露試写会
  • 川畑要
  • ©三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/BERSERK FILM PARTNERS
俳優・岩永洋昭、アーティスト・川畑要、そしてケンドーコバヤシ、チョコプラ長田の4人が、あたかも中世の騎士のような重厚な甲冑姿で登場した。1月16日、東京・新宿バルト9にて、2月1日から全国公開となる『ベルセルク 黄金時代篇III 降臨』の完成披露試写会が開催された。
4人はこの挨拶にあたり、なんと甲冑コスプレに挑戦した。岩永、川畑の甲冑は総重量約30Kg、ケンドーコバヤシと長田の甲冑は約40Kgと、まさに体を張っての映画アピールだ。

本作は、マンガ家・三浦建太郎の代表作でダークファンタジーの傑作として知られる『ベルセルク』の映像化プロジェクトの一環だ。第1弾として、特に人気の高い「黄金時代篇」を3部作にて映画化している。
2月1日から公開するのは、この最終章だ。物語もクライマックスに入り、主人公・ガッツ、そしてその友であるグリフィスに大きな転機が訪れる。とりわけ物語後半に描かれる「蝕」の衝撃の映像は、公開前から大きな話題を呼んでいる。

岩永は、主人公・ガッツを3作にわたり演じてきた。完成披露では、「パートI、II、IIIと物語が進むたびに自分もつらくなるようなシーンが増え、アフレコも体力的にも精神的にもきつくなることが多くなった。ガッツはただ戦っているだけじゃない、心に闇を抱えているし鷹の団やグリフィスとの関わりなどもあってパワーを吸い取られたという感じがします。でも黄金時代篇もついに完結。早くみなさんに観ていただきたい気持ちでいっぱいです」と最終章への到達に感慨深げだ。

川畑は、今回エンディングテーマ曲となる「breakthrough」を担当した。人気アーティストが、音楽面から映画を盛り上げる。さらに今回の甲冑コスプレと作品を積極的にアピールする。甲冑については、「すごい衣装。一生に一度の経験です」と興奮した様子だ。
また、『ベルセルク』については、原作からのファンとのこと。本作の好きなシーンとして「ガッツやグリフィス以外の鷹の団のメンバーたちの存在がいかに大事かというのをすごく感じた。戦いだけじゃなく、みんな一人一人にドラマがあり個性が立っていて楽しめる。個人的にはジュドーですね。最後まで自分の気持ちをしまったままだった」と語った。
また、イベントの最後には甲冑姿で、「breakthrough」の生歌を披露。真っ赤に照らされた舞台は、まさに『ベルセルク』の世界であった。

ケンドーコバヤシは、本作パートIで30人斬りのバズーソ役で登場、チョコレートプラネット長田庄平は今回の蝕の発動とともに現れる異形の怪物D役で映画と関わっている。
甲冑についてケンドーコバヤシは、「歩くのも座るのも大変。でも戦場では軽いくらい」と強気の発言。長田はMCからセリフが一言しかないチョイ役ではと指摘されると、「ゴッド・ハンドが登場するときに『おいでになられる』という大事なセリフがあるんですけど、僕が言わないとゴッド・ハンドは出てこないので、本当に重要な役なんです!」と必死にアピールした。

『ベルセルク 黄金時代篇III 降臨』
2013年2月1日(金) 全国公開 (R15+作品)
/http://www.berserkfilm.com
《animeanime》

編集部おすすめのニュース

特集