バンダイナムコゲームスは、ニンテンドー3DSソフト『マギ はじまりの迷宮』の最新情報を公開しました。

大高忍による原作漫画「マギ」は、2009年から『週刊少年サンデー』(小学館)にて連載スタートしました。少年サンデーコミックスより14巻まで発売されており、販売部数は累計650万部突破!2012年10月よりMBS・TBS系全国ネットにてアニメの放送が開始しております。本作『マギ はじまりの迷宮』は、アラジンやアリババを操作し、アモンの迷宮を始め、数ある迷宮を攻略するアクションRPGとなっています。

今回はゲームシステムの詳細が判明。『マギ はじまりの迷宮』では、キャラクターの会話によりストーリーが進む「アドベンチャーパート」と、迷宮やフィールドで敵と戦う「ダンジョンパート」があります。

「アドベンチャーパート」では、ストーリーに沿った会話を再現。「ダンジョンパート」では、物語が進めば強力な魔法攻撃も使えるようです。アラジンは近接の敵は杖で叩き付け、遠くの敵は「マゴイ弾」によってダメージを与えます。

また、新たに「モルジアナ」「ゴルタス」「ジャミル」の3Dモデルが公開。「モルジアナ」は、暗黒大陸の少数部族である戦闘民族“ファナリス”出身の14歳の少女で、人間離れした身体能力を持っています。

「ゴルタス」はジャミルの奴隷の一人。北方の遊牧民族の末裔で、奴隷としてジャミルにどこまでも従い、命令されれば人も殺めてきた大男です。そして「ジャミル」は、暴力的で歪んだ人格の男性。迷宮攻略をし、自ら「王」になるという野望を抱きながらも、「マギ」の到来を待っていました。

ストーリーはアラジンとアリババとの出会いからはじまり、アモンの迷宮へと進みます。迷宮ではゴルタスとの戦いやジャミル、モルジアナとの戦闘もあります。

ストーリーは「アラジン」と「アリババ」との出会いからはじまり、アモンの迷宮へと進みます。迷宮では「ゴルタス」との戦いや「ジャミル」「モルジアナ」との戦闘もあります。「モルジアナ」は、狩猟民族であるファナリスの末裔であるため、素早い動きでアラジンたちを追い込んでいきます。「ゴルタス」は、すさまじい怪力で容赦ない攻撃を繰り出してきます。「ジャミル」は、幼少より学んだ「王宮剣術」を使ってきます。

『マギ はじまりの迷宮』は、2013年春発売予定で価格は未定です。

(C)大高忍/小学館・マギ製作委員会・MBS
(C)2012 NBGI
(原題:『マギ はじまりの迷宮』アドベンチャーパートとダンジョンパートの詳細判明)
《冨岡晶》