美少女たちが麻雀対決の中から友情を育んでいく人気マンガ『咲-Saki-』が、3たびテレビアニメ化されることが明らかになった。10月28日に東京・中野サンプラザで開催されたシリーズのイベント「咲-Saki-フェス 四角い宇宙でSquarePanic!」にて発表された。
2009年4月からの『咲-Saki』、2012年4月からの『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』に続き、『咲-Saki-全国編』がアニメ化、テレビ放映される。シリーズ待望の3rdシリーズとなる。

『咲-Saki-』は、「ヤングガンガン」(スクウェア・エニックス刊)にて小林立さんが連載するマンガだ。魅力ある美少女が多数登場する一方で、麻雀対決は本格派、かつてないマンガとして多数のファンを獲得する。2009年のテレビアニメ『咲-Saki-』も大ヒットとなった。
2011年8月には、同じ世界を別の視点から描いたスピンオフマンガ『咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A』が月刊「少年ガンガン」(スクウェア・エニックス刊)にて、五十嵐あぐりさんの作画で連載スタート。2012年4月には、こちらがセカンドシリーズとしてテレビアニメ化されている。

監督は小野学さん、シリーズ構成は浦畑達彦さん、キャラクターデザインは佐々木政勝さんが、これまでのシリーズと同様に引き続き担当する。またアニメ制作は、Studio五組が行う。ファンにとってはうれしい布陣だろう。
また、テレビアニメ化決定に合わせて、キービジュアルも公開された。咲と和のツーショットの立ち姿、今後の作品の行方への期待を盛り上げる。
しかし、放映時期や放送局などの情報は、今回は明らかにされなかった。こちらは今後のさらなる発表を待つことになる。

『咲-Saki-全国編』
スペシャルサイト http://www.saki-anime.com

[スタッフ]
原作: 小林 立(掲載「ヤングガンガン」スクウェア・エニックス刊)
監督: 小野 学
助監督: セトウ ケンジ
シリーズ構成・脚本: 浦畑 達彦
キャラクターデザイン・総作画監督: 佐々木政勝
アニメーション制作: Studio五組《animeanime》