プリンセス天功が「仮面ライダーウィザード」を応援 鬼龍院翔が歌う主題歌披露イベント

ニュース 音楽

仮面ライダーシリーズ最新作『仮面ライダーウィザード』の主題歌『Life is SHOW TIME』が、10月24日(水)にリリースされた。本シングルはゴールデンボンバーの鬼龍院翔さんが手掛けたオープニングテーマだ。
発売当日には記念イベント「本気(MAGIC)で!? SHOW TIME」が開催された。鬼龍院さん本人に加え、魔法をコンセプトにした本作「ウィザード」にかけ、世界的なイリュージョニストのプリンセス天功さんを迎えた。二人が創り出すイリュージョンとライブが行われた。

舞台となったヴィーナスフォート教会前広場には、抽選で選ばれた250名のファンが集結した。イベントはまず天功さんと共に巨大な空のBOXが登場。天功さんの掛け声と共に、BOXの中から鬼龍院さんが出現し、客席からは黄色い声援が巻き起こった。

鬼龍院さんは今回の楽曲について「凄くポジティブなので、皆さんに聞いていただければと思います」と語った。
またソロ活動については「メンバーがいなくて心細さを非常に感じてます。こんなポジティブな歌詞を普段ゴールデンボンバーでは歌っていなかったので、自分に『仮面ライダーウィザード』が憑依したと思いこんで歌っていました。」と話した。鬼龍院さんは「息とし生きる全ての人に聞いてほしい」と大きな目標を掲げ「ゴールデンボンバーは世間の方には下品というイメージを持たれているかもしれませんが、今回の楽曲はライダーの曲なのでお母様方は安心して5歳以下のこども達にも提供して下さい」とアピールした。
だが今後ゴールデンボンバーでポジティブな曲は作るのかという問いには「ないです」と即答していた。

トークが一段落した所で、今度はBOXの中に入った鬼龍院さんがバラバラになるというイリュージョンが披露された。
司会から「CD発売記念イベントですよね?」と突っ込まれた鬼龍院さんは「このままだと天功さんのイメージしか残らないですよね。分かりました。それじゃショートVerで」と『Life is SHOW TIME』を熱唱してイベントは大盛況の内に幕を閉じた。
[高橋克則]

仮面ライダー avex SOUND WEB
/http://mv.avex.jp/rider_sound/
《animeanime》

関連ニュース

特集