「るろうに剣心」興収スタート5億5500万円、大ヒット発進

ニュース 映画/ドラマ

8月25日に全国公開した映画『るろうに剣心』が、好調な興収と伴にロケットスタートを切った。公開最初の週末8月25日、26日の2日間だけで興行収入は約4億円(3億99,53万400円)、観客動員は約30万人(29万5,319人)に達した。
さらに8月22日から24日まで、一部劇場でスタートした先行公開を含めると、興収は5億5,547万6,800円、観客動員数は42万4,143人となっている。最初の5日間で、すでに大ヒットを手中にした。

この結果先週末の興行成績では、2週目に入ったこちらも大ヒット作の『アベンジャーズ』、そしてこの夏話題の『BRAVE HEARTS海猿』(7週目)、同日公開『プロメテウス』などを押さえて1位を獲得した。夏休み映画後半の激しい映画興行を『るろうに剣心』が制したかたちだ。
『るろうに剣心』の週末のスクリーン数は329、一方『アベンジャーズ』は844スクリーンだ。配給では『るろうに剣心』のスクリーンのアベレージが高いとし、さらにその背景として都市部だけでない、ローカルでの人気を挙げている。最終興収40億円も視野に入ってきたとしている。

口コミやリピート客の広がりに加えて、映画の話題のさらなる広がりにも力が入る。現在YouTubeで、大友啓史監督の制作にスポットを当てた特番「“剣心”に肉体が宿った日~映画監督・大友啓史の世界~」が配信されている。
番組は本作の製作秘話やキャスティングに込められた監督の想い、初公開となるメイキング映像、さらには役作りに取り組む佐藤健さんの姿も収められている。長さはおよそ18分11秒にも及ぶ必見だ。

『るろうに剣心』
全国大ヒット上映中
公式 /http://www.rurouni-kenshin.jp

「”剣心”に肉体が宿った日~映画監督・大友啓史の世界~」
《animeanime》

関連ニュース

特集