フルCG映画「鉄拳ブラッド・ベンジェンス」 監督とプロデューサーが作品を語る | アニメ!アニメ!

フルCG映画「鉄拳ブラッド・ベンジェンス」 監督とプロデューサーが作品を語る

ニュース イベント

8月24日から9月2日まで、東京・新宿で「新宿クリエイターズ・フェスタ2012」が開催される。イベントは、アートからアニメ、デジタル、CGなどの各分野の活性化を目指したものだ。
それぞれの分野から専門家を招き、クリエイターを取り巻く最新情報や、作品などについて語る。いずれも大物ゲスト、豪華講師陣となっている。

このうちフルCGの分野でも大物ゲストを招いた特別セミナーが設けられている。「監督とプロデューサーが語る フルCG映画『鉄拳ブラッド・ベンジェンス』よもやま話」だ。
こちらは2011年に劇場公開されて、そのハイクオリティの映像で注目を浴びた映画『鉄拳ブラッド・ベンジェンス』にフォーカスを当てたものだ。デジタル・フロンティア所属の:毛利陽一監督と本作のプロデュース、開発、販売を手掛けるバンダイナムコゲームスの水島能成さんのふたりが登壇する。セミナーでは、映画のよもやま話として、二人がトークを行う。

『鉄拳ブラッド・ベンジェンス』は、アーケードゲームからスタート、家庭用ゲーム、オンラインゲーム、そして映画次々に新たなメディアでヒットを飛ばす対戦型格闘ゲームシリーズ鉄拳のフルCG映画だ。全編をアクション満載のフルCGアニメにしたほか、3D(立体視)も導入、迫力の映像を実現した。

毛利監督は、『新鬼武者』や『鉄拳 5』、『 鉄拳 6 BLOODLINEREBELLION』などのゲーム映像のほか、フルCGアニメ『ぼのぼのクモモの木のこと』や『アタゴールは猫の森』のCG ディレクターなど幅広い経歴を持つ。
水島能成さんはゲームでの鉄拳シリーズに長く関わってきた。『鉄拳 ブラッド・ベンジャンス』は初の映画製作だ。映画だけでなく、CG、ゲームなど幅広い話が聞けそうだ。

特別セミナーは、8月31日16時半から、新宿明治安田生命ホールで16時半からを予定している。セミナーの前後には、学生アート・コンペティションデジタル映像部門の作品上映も行っている。併せて訪れたいところだ。

監督とプロデューサーが語るフルCG映画『鉄拳ブラッド・ベンジェンス』よもやま話
/http://www.sccf.jp/program/public/special/seminer.html
8月31日(金) 16:30~18:00
場所 新宿明治安田生命ホール
[講師]
毛利陽一 (監督)
水島能成 (プロデューサー)

新宿クリエイターズ・フェスタ2012 ~アートと過ごす夏時間~
/http://www.sccf.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集