ゲームとコミック融合アプリ「Imaginary Range」スクエニ世界無料配信

ニュース ゲーム

 ゲーム大手のスクウェア・エニックスは、スマートフォン向けに新たなコンテンツアプリを投入する。5月5日より、新アプリ『Imaginary Range』の配信をiPhone/iPod touch・iPadを通じて開始した。
 「Imaginary Range」は電子コミックの形式で、コミックを読む途中に様々なミニゲームを盛り込む。アプリは日本語、英語、フランス語の3ヶ国語対応、App Storeにて全世界でダウンロードが出来る。スクウェア・エニックスは、5月下旬頃にAndroid版の配信も開始する。

 「Imaginary Range」は、オールカラーで描かれたコミックを中心にストーリーを進めていく。舞台はΩ(オメガ)と呼ばれる謎の巨大生物に襲撃をうけたフランス、サイコセラピストの主人公シドたちが現実と夢をめぐる戦いのなかで、世界の真実に近づく。ユーザーは描かれる物語に沿ってミニゲームを楽しみながら、コミックの登場人物たちと一体感を味わうことになる。
 ゲームのシナリオは『emeth ~人形遣いの島~』の月島総記さんが担当、さらに監修に『ファイナルファンタジーXIII』ディレクターの鳥山求さん、コミック作画を『ファイナルファンタジークリスタルクロニクル』シリーズのキャラクターデザイン板鼻利幸さんが担当するなど実力派が並ぶ。アプリの開発に大きな力が入っていることが分かる。
 また、絵柄やタッチは日本のマンガよりもアメコミ調になっている。舞台がフランス、3ヶ国語対応と世界市場を意識した作品だ。

 「Imaginary Range」の特徴は、電子コミックとゲームの融合という新しさだろう。スクウェア・エニックスも、「ゲーム×コミック」の新感覚アプリとし、これを全面に押し出す。
 同社ははゲーム企業でありながら、マンガ出版事業でも成功を収める。雑誌「少年ガンガン」や『鋼の錬金術師』などのヒット作も多い。マンガのネット、モバイル進出にも積極的だ。コミックスとゲームを融合させて、スマートフォン対応するという方向は同社らしい試みと言える。近年、ゲーム会社のソーシャルゲームへの進出が急激に進んでいる。今回は自社の得意分野を活かしながら行う挑戦のひとつにもなる。
 一方で、本アプリは完全無料となっており、収益回収モデルが現在は見えない。今後のさらなる展開が注目される。

「Imaginary Range」
公式サイト /http://blog.jp.square-enix.com/imrb/対応機種: iPhone、iPod touch、iPad
ジャンル: ゲーム×コミック
発売日: 配信中 (2011年5月5日) ※Android版は5月下旬配信予定
希望小売価格: 無料 (App Storeにて全世界同時ダウンロード配信)
対応言語: 日本語、英語、フランス語

[開発スタッフ]
原作: 月島総記
監修: 鳥山求
作画: 板鼻利幸
《animeanime》

特集