「聖闘士星矢」CGアニメ映画化決定 東映アニメ最新技術で | アニメ!アニメ!

「聖闘士星矢」CGアニメ映画化決定 東映アニメ最新技術で

ニュース 映画/ドラマ

 東映アニメーションは、車田正美さんが描いた人気マンガ『聖闘士星矢』をCGアニメとして新作映画製作すると発表した。2011年が連載開始25周年にあたることから、新たに「車田正美プロジェクト」としてCGアニメの映画化を決定した。
 東映アニメーションは製作にあたって「原点回帰の面白さ」を掲げる。これまでの星矢ファンだけでなく、新しい子供たちにも届けるとする。さらに最新のCG技術を用いる。2010年代に相応しい映像が期待出来そうだ。
 
 映画製作発表にあたり、東映アニメーションは特設サイトをオープンした。サイトではフルCGで星矢とみられるキャラクターが登場する特報ムービーを紹介している。
 映画公開時期やスタッフなどの情報は明らかにされていない。続報や詳細は、今後随時発表するとのことだ。

 『聖闘士星矢』は、車田正美さんの代表作である。1985年から「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載され人気を呼んだ。1986年にはいち早くテレビアニメ化され、以来東映アニメーションはテレビや映画、OVAで『聖闘士星矢』のアニメ製作を行なってきた。同社にとっても代表作である。
 聖衣(クロス)と呼ばれる鎧やその聖衣にまつわり様々な運命やドラマが展開するSFアクションは、少年、少女たちの間で絶大な人気を誇った。現在でも多くのファンを持つ。
 また、日本だけでなくヨーロッパや中南米を中心に、海外でも高い人気を誇る。新作映画は国内だけでなく、海外でも話題を集めそうだ。

 東映アニメーションは、2010年の春に東京国際アニメフェアにて、『キャプテン・ハーロック』のCGアニメのパイロッ映像を公開している。今回の『聖闘士星矢』でも、やはり人気の高い旧作のCGアニメ化という『キャプテン・ハーロック』と同様のコンセプトが窺える。同社はCGアニメの製作にかなり本格的に取り組んでいるようだ。
 それは、現在世界のアニメーション映画の主流になりつつあるCGアニメーションに乗り遅れないとの意図もあるだろう。今後も、旧作リバイバル、世界市場、CGアニメをキーワードに新たな企画も持ち上がるかもしれない。

「聖闘士星矢」CGアニメ 特報映像
/http://www.toei-anim.co.jp/movie/seiya_cg/    
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集