YouTube JAPANが主催する「YouTube VIDEO AWARDS JAPAN 2009」のノミネート作品が公開された。「YouTube VIDEO AWARDS JAPAN」は昨年より開始され、今回が2回目となる。気に入った作品には視聴者が投票を行うことが可能で、締切は1月10日となっている。

 YouTube JAPANはトップページで特集を組んでいるが、定期的にアニメーションの自主制作作品の紹介も行っている。「YouTube VIDEO AWARDS JAPAN 2009」では今回も「アニメ」カテゴリーが設定されたが、紹介された作品の中には、他のコンテストでも受賞歴のある作品も少なからずある。
  それに該当する作品は、山元準一氏の『memory7min』、岡本将徳氏の『パンク直し -mending a puncture-』、ひだかしんさく氏の『恋するネズミ 第1話』、上甲トモヨシ氏の『BUILDINGS』、植草航氏の『向ヶ丘千里はただ見つめていたのだった』などで、今回は昨年に比べてそうした傾向が反映されている。また、先月公開された話題を呼んだ石田祐康氏の『フミコの告白』もある。

 一方、他のカテゴリーにもアニメーション作品の範疇に含まれる作品がいくつか見られる。「音楽」には椙本晃佑氏の『the TV show』、「実写・特撮」にはオカダシゲル氏の『KAMISUMOU』と竹内泰人氏の『オオカミとブタ。』、「テクノロジー・乗り物」には真壁友氏の『無限上昇』、「風景・夜景・自然」には竹内泰人氏の『公園で24時間写真撮影しっぱなし』がある。 
 このほかアニメーション作品以外のトピックでは、「音楽」に第13回文化庁メディア芸術祭のエンターテインメント部門で大賞に選ばれた『日々の音色』などもある。
【真狩祐志】

YouTube VIDEO AWARDS JAPAN 2009 
http://www.youtube.com/ytvawardsjp2009

当サイトの関連記事
YouTube Video Awards Japan 2008 映画とアニメで「PiKAPiKA」受賞

YouTube Video Awards Japan 2009 ノミネート作品(アニメ)

 『アダチンもケータイがほしいだチン!』 青木純
 『memory7min』 山元準一
 『パンク直し -mending a puncture-』 岡本将徳
 『DOUDOU1』 ホッチカズヒロ
 『Elephant SANTIE 3 (not alone)』 Artmic8neo
 『DENSHA』 堀康史
 『無人島ショートショート』 小田文子
 『恋するネズミ 第1話』 ひだかしんさく
 『BUILDINGS』 上甲トモヨシ
 『アースウォード』 大和秀夫
 『向ヶ丘千里はただ見つめていたのだった』 植草航
 『YUME』 斎藤俊介
 『フミコの告白』 石田祐康 《animeanime》