yamato20092.JPG 2009年に劇場公開を予定する『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』の公式サイトがこのほどオープンした。公式サイトでは、最新情報として映画本編のイントロダクションとファンのための掲示板が掲載されている。
 イントロダクションによれば作品は、ヤマトをフルCGで蘇らせる。またメカによる戦闘シーンは、3DやCGを駆使しつつも、アニメーション的な演出も取り入れるとしている。

 さらに物語では、38歳になった古代進や真田志郎といったベテランキャラクターが登場。加えて若いキャラクターも数多く登場する。従来のヤマトを継承しつつも、新しさも目指すようだ。
 また、映画のストーリーは、西暦2220年に舞台を移す。移動性ブラックホールの危機が迫る地球を救うため、古代進と宇宙戦艦ヤマトが立ち上がる。

 『宇宙戦艦ヤマト』ば、1974年にテレビ放映され、再放送、映画化で大ヒットになった作品として広く知られている。幾つものテレビシリーズ、映画、スペシャル番組などが製作された。
 これまでに製作された最後の作品は、1983年の『宇宙戦艦ヤマト 完結編』である。その後、新作映画、テレビシリーズなどがたびたび企画されたが実現に至らなかった。

 しかし、昨年暮れに新たな映画の企画が明らかになった。今年3月に開催された東京国際アニメフェア2009では、2009年劇場公開予定としてこの『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』が、東北新社の企業出展ブースで大きく紹介された。
 そうした中、新たに立ち上がった公式サイトは、いよいよ映画の企画が進み、上映が迫っていると期待させる。

           yamato20091.JPG

 また、公式サイトでは『宇宙戦艦ヤマト復活篇』の魅力を知って貰うためとして、既に完成した映像の一部を紹介するプロモーション用DVDを無料配布している。これはサイトから申し込みをすると、プロモーションDVDを無料で郵送するものだ。
 『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』の最新映像を視聴する貴重な機会となるだろう。
*写真は2009年東京国際アニメフェア、東北新社のブースの様子。

『宇宙戦艦ヤマト復活篇』 公式サイト http://www.yamato-movie.com/ 《animeanime》