大成建設 新海誠作品スタッフで制作された新CMを放送開始

ニュース インディーズ

 大成建設は12月7日よりテレビ新CMの放送を開始した。このCMは、制作プロダクションにTYOプロダクションズ、アニメーション制作をコミックス・ウェーブ・フィルムが行っている。今月から一部街頭で広告の掲示も始まっていた。
 このCM「新ドーハ国際空港」篇は、10日より大成建設のサイトでも公開された。テレビと同様に、30秒と15秒の2パターンが配信されており、遠く異国の地でひたむきにまっすぐに空港の完成を目指す若手社員の姿を描いている。

 映像のタッチから、CMを見た視聴者には人気アニメーション作家の新海誠監督の名前を思い浮かべる人も多いようだ。しかしこのCMには新海誠監督は関わっていない。監督・キャラクターデザイン・作画に田澤潮氏、美術に丹治匠氏と新海誠監督の代表作のひとつ『雲の向こう、約束の場所』のチーフスタッフによるものだ。
 そして撮影には『秒速5センチメートル』の制作にも携わった竹内良貴氏が参加した。竹内氏は今年、自主制作した『まよなかのいちご』が第12回広島国際アニメーションフェスティバルにコンペティション入選や、第14回学生CGコンテストで佳作などと各所で評価を得てもいる。

 このほかコミックス・ウェーブ・フィルムがこれまで行ってきたスポット的な受託制作には、最近では「トヨタカップ2007」の開幕戦・決勝戦およびエキシビジョン映像がある。
 また、テレビ東京の「カンブリア宮殿」で番組内のアニメーション制作に加わっている。昨年は、信濃毎日新聞のCMが反響を呼んだことでも記憶に新しい。
【真狩祐志】

大成建設 /http://www.taisei.co.jp/
TYOプロダクションズ /http://www.tyo.co.jp/index2.html
コミックス・ウェーブ・フィルム /http://www.cwfilms.jp/

当サイトの関連記事
/新海誠監督の信濃毎日新聞CMが早くも話題
《animeanime》

特集