ガンガンONLINE 連載作品発表『舞勇伝キタキタ』、小島あきら新作等

ニュース マンガ

gangan online.jpg 人気マンガ雑誌が新たに始めることで大きな話題を呼ぶ「ガンガン ONLINE」が、10月2日の始動に向けてオープン時の掲載作品を発表した。
 掲載されるのは全てオリジナル作品で、現時点で連載マンガは6作品、ライトノベルは3作品である。これに多数の読み切りマンガとイラストが加わるから、その規模は紙雑誌を凌駕する勢いすらある。

 特に目を惹く作品は、全16巻で単行本の累計1300万部を超えた人気マンガ『魔法陣グルグル』からスピンオフする『舞勇伝キタキタ』、『魔法陣グルグル』と同様、衛藤ヒロユキさんが描く。伝説の踊り、キタキタ踊りがオンライン上で復活する。『魔法陣グルグル』はアニメ化もされ、幅広い人気があるだけに話題を呼びそうだ。
 また、こちらもアニメ化されている『まほらば』の作家小島あきらさんの『わ!』も注目である。サイトを運営するスクウェア・エニックスは、連載作品の単行本化やアニメ化も視野に入れているとするから、そうした期待も背負っているに違いない。

 スクウェア・エニックスは、こうしたオープニング豪華なラインナップだけでなく、今後も著名な作家による多様なコンテンツを投入して行く方針である。また、ウェブマガジンという新しい表現の場を用いることで、さらなる読者の獲得を目指して行くと見られる。
 現在、モバイルやインターネットを通じたマンガ配信は急激に広がっており、かなりの市場が生まれている。
 こうしたなかオンラインコミックマガジンのアイディアは、既に生まれている。しかし、実際にはソフトバンクと米国のDCコミックが共同出資するフレックスコミックス以外は、本格的な取り組みは進んでいない。
 
 今回は、月刊少年ガンガンなどの人気マンガ雑誌を保有するスクウェア・エニックスの運営だけに、特に関心を集めるに違いない。またこれは、インターネットにも馴染みが深いゲームビジネスを行っているスクウェア・エニックスが母体だからこその野心的な企画とも言えそうだ。
 こうした試みに、既存の大手出版社が追随するのか、「ガンガン ONLINE」の成功の成否は、今後のマンガ業界のターニングポイントにもなりうる。 
                ©2008 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

「ガンガンONLINE」
/http://www.square-enix.com/jp/magazine/ganganonline

サービス開始日: 2008年10月2日(木)
利用料金: 無料
利用環境: Windows 2000/XP/Vista(Internet Explorer 6.0/7.0)/Mac OS X 10.3 以降
(Safari2.0)

オープン時掲載予定作品(9月25日時点で確定済分)

【連載コミック】
『わ!』  作者:小島あきら
『舞勇伝キタキタ』  作者:衛藤ヒロユキ
『シキソー 警視庁第四機動捜査隊』  作者:神田晶
『今日も待ちわびて』  作者:佐伯イチ
『生徒会のヲタのしみ。』  作者:丸美甘
『おじいちゃん勇者』  作者:坂本太郎

【ライトノベル】
『Stand by me, Stand by you.』  作者:ごぉ  イラスト:たつきち
『犬憑きさん』  作者:唐辺葉介  イラスト:Tiv
『欠落フェティシズム』  作者:日野イズム  イラスト:千葉サドル
《animeanime》

特集