「時をかける少女」ブルーレイディスク発売 アートギャラリー収録 | アニメ!アニメ!

「時をかける少女」ブルーレイディスク発売 アートギャラリー収録

ニュース アニメ

 2006年に劇場公開され、日本アカデミー賞アニメーション賞ほか、国際的な映画祭で数々の賞を受賞した細田守監督の『時をかける少女』がブルーレイディスクとなり、7月25日に発売された。
 既に劇場アニメのスタンダード作品のひとつにもなっている大ヒットアニメが、よりクオリテイの高いかたちで再び登場する。

 今回の商品の特徴は、ブルーレイディスクならではの高画質・高品質音声である。アニメーションや3DCGI表現はもちろん、夏の風景をはじめとする山本二三さんの背景美術が細密に画面に再現される。DVD版ではブックレットとして付属した山本さんの美術ボードが、ディスク内に「アートギャラリー」として収録されるのが目玉となる。
 このほか、音声にもこだわりドルビー TureHDのほかに、DTS-HDにも対応する。また、ディスクには新たに日本語字幕が付けられている。これは耳の不自由な人への配慮である。DVD版はPCで再生する時にインターネットの字幕を付けるサービスを利用して見る必要があったが、このディスクでは単体で字幕を見ることが出来る。

 このほか、初回生産分には、1号フィルムから切り取ったフィルムブックマークが特典として付く。キャラクターや名シーンが高い確率で含まれるとしている。
 同作は2007年4月に発売されたDVDでは、2ヶ月で11万本を売り上げるヒットを見せた。公開後2年が経っても未だ熱狂的な多くのファンを持つ作品である。今回のブルーレイ版も多くのファンを引きつけるだろう。
 また、作品は現在アメリカでも展開中であり、8月29日からはシアトルにて公開される予定である。日本からさらに海外にファンを拡大中である。

 7月25日はこの他に、バンダイビジュアルから『マクロスF』や『攻殻機動隊S.A.C』OVAのブルーレイボックスが発売されている。さらに、8月には『コードギアス 反逆のルルーシュR2』や『機動戦士ガンダム00』など、キラータイトルが続々発売される。
 ディズニーからも、『イノセンス アブソリュート・エディション』が発売されるなどブルーレイの市場は拡大中である。

『時をかける少女』公式サイト /http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/

『時をかける少女』Blu-ray Disc
発売日:2008年7月25日
収録分数:本編約98分 +(映像特典約20分)
価格:6930円(税込)
封入特典:「フィルム・ブックマーク」(初回出荷分のみ)
映像特典:
  1. 「映像特典集」(完成披露試写会舞台挨拶、劇場予告編、プロモーション映像、TVCF集)(DVD版と同内容)
  2. 「アートギャラリー」(新規特典)
  3. 「日本語字幕」(新規特典)
  4. 「時かけ同窓会」(オーディオコメンタリー)(DVD版と同内容)
出演:細田守(監督)×仲里依紗(紺野真琴)×石田卓也(間宮千昭)×板倉光隆(津田功介)

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集