カートゥーンネット 広島国際アニメーションフェスティバル特集放映 | アニメ!アニメ!

カートゥーンネット 広島国際アニメーションフェスティバル特集放映

ニュース アニメ

 今年8月7日から開催される第12回広島国際アニメーションフェスティバルを記念した、特別編成の番組特集をカートゥーンネットワークが行う。
 広島国際アニメーションフェスティバルは、1985年に初めて開催され、その後隔年開催されている。今年で12回目を迎えるが、世界4大アニメーション映画祭のひとつとして海外からの知名度も高い。

 カートゥーンネットワークはこの開催を記念して、アニメーションフェスティバルに関連した作品を7月と8月に特集放映する。
 プログラムは、3つのパートに分かれている。そのひとつは、カートゥーンネットワーク自身が製作したアニメーションで、今回の映画祭に出品した作品である。
 『フォスターズ・ホーム』第57話「スーパーヒーローとマジック・ポテト」、『クラス・オブ・ミュージック!』第6話「お金で買えないもの」、『ベン10』「オムニトリックスの秘密」と同局の人気番組が並ぶ。番組はこれまでにも放映されているが、今回は映画祭と関連づけて、8月2日(『フォスターズ・ホーム』、『クラス・オブ・ミュージック!』)と8月8日(『ベン10』)に放映する。

 作品が一番多いのは、過去の受賞作品の放映となる。「日本の若手クリエーター作品集」(8月1日)、ショート・アニメコレクション(8月15日、23日)、山村浩二作品集(8月8日、16日)、中国アニメ特選(8月2日、8月10日)と4つのカテゴリーとテーマに分けられる。
 いずれも映画祭の厳しいコンペティションを勝ち抜いた作品で、個性豊かなラインナップだ。テレビ放映される機会は少ない作品が多く、特にアートアニメーションに関心のある人にとっては見逃せない機会になりそうだ。

 また、今年生誕80周年を迎える手塚治虫氏の特集上映も行う。『悟空の大冒険』、『ジャングル大帝』、『海のトリトン』が放映される。手塚治虫氏は国際的には商業アニメーションだけでなく、アートアニメーションでもその名前を知られている。同氏の代表作『おんぼろフィルム』は広島国際アニメーションフェスティバルの第1回グランプリを受賞しており、フェスティバルとも縁が深い。
 広島国際アニメーションフェスティバルはアニメーション関係者にはよく知られた映画祭である。しかし、取り上げられるのはアート系の作品が多く、一般的な知名度は必ずしも高いわけではない。今回は人気アニメーションチャンネルが夏休みに取り上げることで、映画祭開催をアピールするサポートにもなりそうだ。

カートゥーンネットワーク公式サイト  /http://www.cartoon.co.jp/
第12回広島国際アニメーションフェスティバル /http://hiroanim.org/

広島国際アニメーションフェスティバル関連作品の放送予定一覧

【出品作品 カートゥーン ネットワーク オリジナル作品】
『フォスターズ・ホーム』#57 スーパーヒーローとマジック・ポテト 
 8/2(土)7:30、17:30
『クラス・オブ・ミュージック!』#6 お金でかえないもの 8/2(土)8:00、18:00
『ベン10』オムニトリックスの秘密 8/8(金)11:30、19:30

【過去受賞作品カートゥーン ミッドナイト放送作品】
『日本の若手クリエーター作品集』 8/1(金)0:00
『Loop Pool』(鮎澤大輝)2004 年国際審査委員特別賞
『焼き魚の唄』(坂元友介)特別上映作品
ショート・アニメコレクションby Folimage Studio 8/15(金),8/23(土)0:00
『ハッピーエンドの不幸な話』2006 年審査員特別賞
『 おかしな海賊船の物語』:2006 年こども向け作品賞
『地球の果ての果て』(コンスタンティン・ブロンジット)
2000年特別賞(観客賞)、国際審査委員特別賞
『お坊さんとさかな』(マイケル・デュドック・ドゥ・ヴィット):1996年ヒロシマ賞

【山村浩二作品集】
『頭山』: 2004 年グランプリ受賞 8/8(金)8/16(土)0:00
『あめのひ』:1994 年こども向け作品第2 位 ※2002年審査員
【過去受賞作品カートゥーン シアター放送作品】
中国アニメ特選 8/2(土)、8/10(日) 11:00、9:00
『火童』、『ナーザが海を騒がす』、『三人の和尚』

【手塚治虫作品】
『悟空の大冒険』  ~ 8/6(水) 月~金0:00
『ジャングル大帝』  8/7(木) ~ 月~金0:00
『海のトリトン』  月~金0:30
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集