東映アニメ×ディズニーの3DCGアニメ「ロボディーズ」放映開始 | アニメ!アニメ!

東映アニメ×ディズニーの3DCGアニメ「ロボディーズ」放映開始

ニュース アニメ

 東映アニメーションとウォルト・ディズニー、日本と米国を代表するアニメーション会社が手を組んだ新作アニメ『ロボディーズ風雲篇』が、6月2日からトゥーン・ディズニーで放映開始する。番組の長さはおよそ2分半、毎週月曜日と土曜日の18時25分と23時25分の放映となる。
 作品は東映アニメーションとウォルト・ディズニー・テレビジョン・インターナショナル ジャパン(WDTVI-J)による初の共同製作アニメとして大きな注目を浴びている。さらに東映アニメ初の3DCGアニメーションのテレビシリーズ、実写との組み合わせなど話題が多い。

 『ロボディーズ風雲篇』は、宇宙最強の征服者バッドル軍団と地球を守るために戦うロボディーズの精鋭ネジ丸たちを描いたSFアクションコメディとなる。また、技術面では3DCGのキャラクターを実写背景に組み合わせる革新的な試みを行っている。3DCGを使った派手なアクションシーンが期待できそうだ。
 東映アニメといえば、セルアニメーションから発展した2Dアニメのイメージが強い。実際に同じCGでも、『モノノ怪』や『ワンピース』、『Yes!プリキュア5GoGo!』などでは、2DのアニメーションCGが多用されている。
 しかし、これまでには映画『男たちの大和/YAMATO』などの3DCGシーンも制作しており、今回はそうした技術がテレビアニメに活かされることになる。

 近年、アニメ製作会社が海外進出をするにあたり、海外の企業と共同製作を行うことが増えている。東映アニメーションも、これまでカートゥーンネットワーク(米国)や韓国KBSなどと共同製作を行うなど、この分野では特に積極的に展開を進めている。
 今回は、アニメーション製作の老舗ともいえるディズニーとテレビアニメで世界的な強みを持つ東映アニメが、企画段階から共同製作する。これはWDTVI-Jにとっては初の試みである。『ロボディーズ風雲篇』は、アニメビジネスの新たなトレンドを特に印象づける作品と言っていいだろう。

「ロボディーズ 風雲篇」
トゥーン・ディズニー(放送予定) /http://www.toondisney.jp/  
2008年6月2日(月)放送スタート  毎週月曜・土曜 18:25~、23:25~
放送尺: 2分30秒
製作:
東映アニメーション
ウォルト・ディズニー・テレビジョン・インターナショナル ジャパン

【製作スタッフ】
プロデューサー:
池澤良幸(東映アニメーション)  
林美千代(ウォルト・ディズニー・テレビジョン・インターナショナル ジャパン)
演出: 
西尾大介(東映アニメーション)、 宮原直樹(東映アニメーション)

【出演者】 
ネジマル: 伊倉一恵
バッドル隊長: 子安武人
ソンブレノスケ: 竹本英史
部下A: 松本保典
ドラムカンベエ: 置鮎龍太郎
部下B: 高木渉 他
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集