第2回モーニング国際新人漫画賞1次選考発表 15カ国31作品 | アニメ!アニメ!

第2回モーニング国際新人漫画賞1次選考発表 15カ国31作品

ニュース マンガ

 世界中から新人作家によるマンガ作品を募集する第2回モーニング国際新人漫画賞の1次選考通過作品が発表された。モーニング国際新人漫画賞は、国境を隔てることなく広い地域からの才能を発掘することを目指している。
 こうしたことから今回も、様々な国から様々な様式のマンガが集まっている。今回1次選考を通過したのは31作品だが、選考通過作品だけを見ても、応募者の国籍は15カ国となっている。

 応募者の国籍は、一般にマンガが普及しているとされる東アジアや西ヨーロッパ、北米だけでなく、南米のチリや東ヨーロッパのブルガリアにまで及んでいる。モーニング国際新人漫画賞に対する関心がかなり広い範囲に及んでいることが判る。
 それでも、1次選考通過作品には、フランスやイタリアといった南欧地域、韓国、台湾、香港といった東アジア地域が多く、現在マンガの普及している地域の濃さ薄さが透けて見えてくる。
 またこうした応募作品の多彩さは、募集要項が10ヶ国語で行われことや、各国のネットメディアを通じたパブリシティなど企画時点での細かな配慮の結果ともいえるだろう。

 4月には今回の1次選考通過作品の中から最終結果が発表される予定である。昨年の大賞は米国のRemさん、Bikkuriさだったが、1次選考通過作品からみると今年は他の国から受賞が出る可能性も高そうだ。
 また、モーニング国際新人漫画賞は、第1回、第2回に続いて第3回の開催も既に決まっている。募集も既に開始されているが、締め切りは9月30日までとまだ時間がある。応募を狙う人はまだ作品を磨き上げている段階かもしれない。

モーニング国際新人漫画賞公式サイト /http://e-morning.jp/mimc/
  1次選考通過作品一覧 /http://e-morning.jp/mimc/result2/japan.html
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集