攻殻、時かけ、鉄コン、ベルギーのアニメーション映画祭公式出品 | アニメ!アニメ!

攻殻、時かけ、鉄コン、ベルギーのアニメーション映画祭公式出品

ニュース 海外

 2008年2月にベルギーで開催される国際アニメーション映画祭Anima2008の長編アニメーション・コンペティション部門に、日本から『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』(神山健治監督)、『時をかける少女』(細田守監督)、『鉄コン筋クリート』(マイケル・アリアス監督)の3作品が正式出品される。
 Animaは今年で26回目を迎える国際アニメーション映画祭で、ベルギーのブラッセルで2月1日から9日まで開催される。長編アニメーションや短編アニメーションからなる大規模なコンペティションを初め、多数のワークショプも行われるヨーロッパを代表するアニメーション映画祭である。

 今回は日本の3作品のほかアルゼンチン・イタリア共同製作の『ノアの箱舟』、スェーデンの『デズモンド』、タイの『Khan Kluay, Kompin Kemgumnird』、フランスの『リトル・キング・マシウス』、スペインの『Nocturna, la nuit magique』が公式出品されている。長編部門8作品のうち3作品が日本からの出品という一大勢力になっている。
 日本から出品される3作は、いずれも既に国内外で高い評価を勝ち得ている作品で、こうした大舞台に相応しいだろう。

 同映画祭では、2005年には今敏監督の『東京ゴットファザーズ』がプリベTV映画賞を受賞している。また、昨年も長編アニメーション映画のコンペティション11作品のうち3作が『鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』(水島精二監督)、『パプリカ』(今敏監督)、『XXXHOLiC 真夏ノ夜ノ夢』(水島努監督)と日本からの出品だった。
 しかし、残念ながら昨年は日本からの受賞はなかった。今年は、2年ぶりの受賞に期待がかかるところだ。

 長編アニメーション部門以外でも、日本からの公式出品がある。短編アニメーション部門には既に幾つものアニメーション映画祭で大賞に輝いている山村浩二さんの『カフカ 田舎医者』がリストアップされている。
 それにポップな画調で人気の高いフリフリカンパニーの『Shinobi Brack & White』も上映される。『Shinobi Brack & White』は、白土三平さんの忍者映画にリスペクトを受け、そこに海外からみた変な日本の忍者がリミックスされた不思議な映像だ。
 さらに子供のための映画部門では、『やさいのようせいN.Y.SALADA 18話「はっぱのそり」』がノミネートされた。こちらは水彩画の絵本のような世界を3Dアニメーションで実現した作品で、技術的にも逃せない。

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX  /http://www.kokaku-s.com/
時をかける少女 /http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/
鉄コン筋クリート /http://www.tekkon.net/
カフカ 田舎医者 /http://www.shochiku.co.jp/inakaisha/
Shinobi Brack & White
/http://www.furifuri.com/movie/shinobi.html
やさいのようせい N.Y.SALADA  /http://yasainoyousei.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集