「狼と香辛料」TVアニメ化決定 コミック連載もスタート(8/10) | アニメ!アニメ!

「狼と香辛料」TVアニメ化決定 コミック連載もスタート(8/10)

ニュース アニメ

 電撃文庫で発売されている人気ライトノベル『狼と香辛料』のテレビアニメ化が決定した。作品は支倉凍砂さんが描く新感覚のファンタジーで、狼の耳と尻尾を持つ美少女ホロ、行商人のロレンスを中心に展開する。発表以来大きな反響を巻き起こし、既刊5巻の累計販売は50万部を突破している。
 また、宝島社が発刊する「このライトノベルがすごい!2007」では、作品部門とキャラクター女性部門(ヒロイン・ホロ)で2部門の栄冠に輝いた。この作品がテレビアニメシリーズとなるだけに、ファンの期待は高まりそうだ。

 監督には『ローゼンメイデン』や『怪物王女』の演出も行った高橋丈夫さん、脚本には『りぜるまいん』、『鋼鉄天使くるみ』の荒川稔久さん、さらにキャラクターデザイン・総作画監督には『怪物王女』などの黒田和也さんが手がける。
 いずれもかわいい女の子の登場する作品では定評のあるスタッフなので、今回の『狼と香辛料』もレベルの高い作品に仕上がりそうである。

 またアニメ化に加えてコミカライズも決定しており、こちらは小梅けいとさんの作画で、メディアワークス『電撃「マ」王』にて、11月号(9月27日発売)からのコミック連載が開始する。小説、アニメ、コミックと複数のメディアで、多彩な世界観を創り出すことになる。 

狼と香辛料
公式サイト /http://www.spicy-wolf.com/

原作: 支倉凍砂 [メディアワークス・電撃文庫刊]
監督: 高橋丈夫 (演出代表作:「りぜるまいん」「ローゼンメイデン」「怪物王女」)
脚本: 荒川稔久 (「BLUE SEED」「鋼鉄天使くるみ」「りぜるまいん」ほか)
キャラクターデザイン/総作画監督: 黒田和也 (「ヴァンドレッド」「クロノクルセイド」「怪物王女」)
色彩設計: 佐野ひとみ
美術監督 : 小濱俊裕(スタジオ美峰)
美術設定: 塩澤良憲(スタジオ美峰)
撮影監督: 松井伸哉
音響監督: 高桑 一
音響制作: 神南スタジオ
音楽制作: ビクターエンタテインメント
アニメーション制作: IMAGIN
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集