エミル・クロニクル×攻殻機動隊S.A.C コラボレーション企画(7/9) | アニメ!アニメ!

エミル・クロニクル×攻殻機動隊S.A.C コラボレーション企画(7/9)

ニュース アニメ

 ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、同社が運営するオンラインゲーム『エミル・クロニクル・オンライン』(ECO)にて『攻殻機動隊 Stand Alone Complex』シリーズとのコラボレーション企画を行う。
 ガンホーと『攻殻機動隊 Stand Alone Complex』の制作会社プロダクション I.Gが協力するのは、昨年のECOと『シュバリエ』やオンラインゲーム内の特設シアター「Production I.Gシアター」に続くものである。
 ガンホーは国内外で高い人気を誇る『攻殻機動隊 Stand Alone Complex』とのコラボレーションで、オンラインゲームとアニメという異分野融合による相乗効果が期待できるとしている。

 今回の企画『エミル・クロニクル・オンライン コラボレーションパッケージ 攻殻機動隊 S.A.C.シリーズ』は、ゲーム参加者がECOの世界で『攻殻機動隊 S.A.C』シリーズに登場するキャラクターや装備品をアイテムとして入手できるパッケージソフトになる。
 パッケージソフトには、ゲームに参加するためのクライアントDVDやアカウントチケット60日分のほかに、『攻殻機動隊S.A.C』関連の特典アイテムが含まれる。特典アイテムは、作品のキャラクター「タチコマ」をアバターのペットに出来るほか、公安9課制服・バトルスーツ、髪型変更アイテム、さらに笑い男の顔マークなどから構成される。
 パッケージは8月24日から3990円(税込)で市販されるほか、8月17日から19日まで東京ビッグサイトで開催される「コミックマーケット72」で先行販売される。

 現在オンラインゲーム市場は急速に拡大しているが、新規リリースや継続運営されているオンラインゲームも急増しており、市場での競争は激しくなっている。こうしたなかで知名度や人気の高いアニメ作品のブランドを利用することは、ゲームの差異化に大きな力を発揮する。
 一方で、自社コンテンツを中心にアニメやキャラクターブランドの多角的利用を目指すプロダクション I.Gは、近年、拡大するインターネット市場へのビジネス的な関心を深めている。今後も両社の協力は、さらに拡大する可能性が強いだろう。

ガンホー・オンライン・エンターテイメント  /http://www.gungho.jp/ 
プロダクション I.G  /http://www.production-ig.co.jp/

エミル・クロニクル・オンライン公式サイト /http://www.econline.jp/
攻殻機動隊 Stand Alone Complex公式サイト  /http://www.kokaku-s.com/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集