日本サッカーミュージアムで「キャプテン翼展」(6/25) | アニメ!アニメ!

日本サッカーミュージアムで「キャプテン翼展」(6/25)

ニュース イベント

 日本サッカーミュージアムは、7月21日から人気マンガ『キャプテン翼』をテーマにした特別企画展「みんな『キャプテン翼』だった」を開催する。日本サッカーミュージアムは、国内のサッカー普及を目指し2003年に誕生、これまでサッカーに関する様々な映像やグッズの紹介、イベント企画を行っている。
 今回は2008年に開催される北京オリンピックに向け、『キャプテン翼』の主人公大空翼と共に北京オリンピック・アジア予選を応援することを目的としている。
会場は東京文京区・本郷にある日本サッカーミュージアム地下2階の特別展示ゾーンで、入場料は大人500円、小中学生は300円となる。

 『キャプテン翼』はマンガ家高橋陽一さんの描く人気マンガである。1981年に少年ジャンプに連載開始後、子どもたちの圧倒的な人気となり、サッカーブームの一翼を担った。一度休載したのち、2005年にプロ編として連載が再開され。現在も週刊ヤングジャンプに連載中である。
 マンガだけでなく、アニメ作品も人気が高く、日本では1983年から1986年までテレビ放映されたシリーズは世界各地で放映されている。海外の有力サッカー選手のなかでも好きなテレビ番組の『キャプテン翼』を挙げる人は少なくない。

 日本サッカーミュージアムによれば、展覧会では日本のみならず世界のサッカーシーンで活躍している多くのトッププレイヤーに多大なる影響を与えた『キャプテン翼』を様々な角度か捉え、その興奮と感動を再現する。
 今回は高橋陽一さんや週刊ヤングジャンプの協力も得て、4つの異なるゾーンからなる展示を行う。最初のゾーンは、「TSUBASA World」と題して翼とU-23代表たちのグラフィック、高橋陽一さんからのメッセージや所有の関連お宝グッズの展示になる。
 さらに人気サッカー選手による『キャプテン翼』に対するメッセージを紹介する「TSUBASA×World Wide Player」、『キャプテン翼』の名場面を作った品々を展示する「TSUBASA Library」が続く。またここでは世界で人気を反映して、イタリア、ドイツ、タイ、香港、韓国、台湾など世界各地の『キャプテン翼』のマンガも紹介する。

 最後のゾーンは「TSUBASA 10」とし、「友情」「激闘」「闘志」などのキーワードを基に、マンガの名シーンを紹介する。さらに『キャプテン翼』年表と日本サッカー年表を重ね合わせ、日本のサッカー史を辿る。
 日本サッカーミュージアムを通じ、リアルなサッカーとマンガの双方を紹介するユニークな試みとなりそうだ。

日本サッカーミュージアム /http://www.11plus.jp/
キャプテン翼公式サイト /http://annex.s-manga.net/tsubasa/

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集