日本ゲーム大賞2007開催発表 アマチュア部門設置(3/19) | アニメ!アニメ!

日本ゲーム大賞2007開催発表 アマチュア部門設置(3/19)

ニュース ゲーム

 社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、日本ゲーム大賞の2007年開催概要を発表した。日本ゲーム大賞はコンピュータエンターテインメントの文化振興と業界の社会認知度の向上や発展を目的に、1996年の東京ゲーム賞開催以来行なわれている。
 一般投票と選考委員会により、一年間で最も優れたコンピューターゲームの作品やクリエイター、企業を評価、表彰する。その歴史の長さとコンピューターゲームの主団体であるCESAが主催することから毎年注目度が高い。
 また、年間作品部門はその年の話題作品が、受賞することが多い。昨年のこの年間作品部門の大賞には『脳を鍛える大人のDSトレーニング』と『ファイナルファンタジー』、インディーズ部門の大賞には『5秒間のカッパ』が選ばれている。

 昨年は開催10周年を期に賞の名前を日本ゲーム大賞と改称しあらたなスタートを切った。今年はさらに、これまでの「CESA スチューデントゲーム大賞」と「日本ゲーム大賞インディーズ部門」を統合しアマチュア制作作品全てを対象とした「アマチュア部門」開始する大胆な改革を行なう。
 このアマチュア部門の作品募集は3月19日に開始され、6月30日まで行なわれる。学生・一般の枠が取り払われることで、さらに優れた作品の発掘が目指されることになりそうだ。

 それ以外はこれまで通り、昨年度日本国内でリリースされた作品を対象とする年間作品部門と東京ゲームショウ2007に出展された未発売作品を対象とするフューチャー部門の各賞が選考される。
 年間作品部門の対象作品は2006年4月1日から2007年3月31日までの間、日本国内でリリースされた作品で、4月中旬から一般投票を開始する。各賞の発表授賞式は、9月に幕張メッセで開催される東京ゲームショウ2007で実施する。

日本ゲーム大賞公式ページ /http://awards.cesa.or.jp/
社団法人コンピュータエンターテインメント協会 /http://www.cesa.or.jp/

日本ゲーム大賞2007
主催:コンピュータエンターテインメント協会  後援:経済産業省(予定)

《年間作品部門》
06年4月1日から07年3月31日の間に日本国内でリリースされた全作品を対象。
表彰:
大賞(1作品)、優秀賞 (該当数)
グローバル賞:日本作品部門(1作品)、海外作品部門(1作品)
ベストセールス賞 (1作品)、 特別賞(該当作品・人物がある場合のみ選出)
審査方法:
一般投票実施後、日本ゲーム大賞選考委員会による審査会にて各賞を決定。

《フューチャー部門》
東京ゲームショウ2007で発表・展示された未発売の全作品を対象。
表彰:受賞(該当数)
審査方法:
一般投票(東京ゲームショウ2007」会場内)実施後、日本ゲーム大賞選考委員会による審査会にて各賞を決定。

《アマチュア部門》
個人、団体にかかわらず、アマチュアの方が制作をされたオリジナルの作品を対象。
表彰:
大賞(1 作品) トロフィー、副賞:50万円
優秀賞(該当数) トロフィー、副賞: 5万円
佳作(該当数) 盾
審査方法:
全応募作品に対して1次審査(VTR 審査)を実施し、2次審査進出作品を決定。2次審査では、作品の試遊審査を行い最終審査進出作品を決定。日本ゲーム大賞選考委員会による最終審査会において、大賞(1作品)、優秀賞(該当数)、佳作(該当数)を選出。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集