コロコロコミック30周年企画展 杉並アニメーションミュージアムで(2/6) | アニメ!アニメ!

コロコロコミック30周年企画展 杉並アニメーションミュージアムで(2/6)

ニュース イベント

 『ドラえもん』から『ゲームセンターあらし』、『レッツ&ゴー』、『おぼちゃまくん』まで、これらの人気アニメに共通するのは、原作が人気漫画雑誌コロコロコミックで連載されていたことである。このほかにもコロコロコミック発の人気アニメを数え上げるとキリがない。
 児童向けの人気アニメや、子供の遊びのトレンドと不可分なのがコロコロコミックである。このコロコロコミックの創刊30周年を記念した企画展「コロコロアニメ歴史展 in 杉並アニメーションミュージアム」が東京都杉並区に杉並アニメーションミュージアムで開催される。
 アニメ化作品を中心に、懐かしの作品から最新作まで、コロコロコミックの30年の歴史を振り返る。

 企画展の目玉は、これまでコロコロコミックで活躍してきた人気マンガの原画展示になる。『ドラえもん』や『新オバケのQ太郎』、『ゲームセンターあらし』、『爆走兄弟レッツ&ゴー』、『おぼちゃまくん』、『魔神英雄伝ワタル』など、十数人のマンガ家の原画が展示される予定である。
 また、このほかに来場者参加の企画から、コロコロコミックのアニメ化作品上映、『つるぴかハゲ丸』のむらしんぼうさんのサイン会といったイベントも用意されている。さらに、コロコロコミックに関わりの深いゲストによるトークショウなどの企画も今後発表を予定している。
 今年で30周年と言えば、30代以降の多くの人にとって馴染み深い雑誌ということになる。子供たちだけでなく、昔を懐かしむファンにとっても楽しみな企画展になりそうだ。

コロコロアニメ歴史展 in 杉並アニメーションミュージアム
期間:2007年2月27日~5月27日 10時から18時まで(入館は5時半まで)
杉並アニメーションミュージアム
入館無料
運営:中間法人動画協会
企画:株式会社小学館プロダクション
協力:株式会社小学館

/杉並アニメーションミュージアム 

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集